犬の断尾・断耳について知ろう!
2011 / 07 / 08 ( Fri )
danbidanji.jpgみなさんは犬の断尾・断耳についてご存知でしょうか?

以前犬の耳についての記事犬の尻尾の記事で少し触れましたね。

ドーベルマンがピンと立った耳に
短い尻尾のスタイルなのは
見たことがある方も多いのではないでしょうか。

実はドーベルマンは成長とともに
自然に耳が立ったり
生まれた時から尻尾が短かった
ということはありません。

本来は垂れ耳垂れ尾の姿をしています。

断尾・断耳を行うことによってあの姿になっているのです。

それでは断尾・断耳とは一体何なのでしょうか?
そもそもどうして行われることになったのか・・・

今回は断尾と断耳についてお話します。

断尾・断耳を行う理由


断尾・断耳は読んで字の通り尻尾と耳を断つ(切る)ことです

ではどうして犬の尻尾や耳を切る事が行われるようになったのでしょうか?
また、どうして切る犬と切らない犬がいるのでしょうか?

これは昔の犬たちの仕事・役割が関係しています。

現在のペット(コンパニオン・アニマル)とは違い、
昔の犬たちは狩猟や牧畜などの作業を目的として飼育されていました。

作業犬たちに断尾や断耳を行った理由は
  • 耳や尾が長いとオオカミなど外敵に咬まれた時に出血するため
  • 牧場の牛や獲物を追う時に踏まれないようにするため
  • 狩猟の時に枝などに引っ掛からないようにするため
  • キツネなどの動物と見間違えないようにするため
・・・等というような具合に作業の効率を上げる、
作業を安全に行うことが重要視されたためと言われます。

また、ドーベルマン等の警護犬は精悍な顔つきにさせるために
断尾・断耳されているとされます。

現在飼育されている犬たちはそのほとんどが家庭犬として
飼育されていますが、断尾や断耳は今も行われています。

その理由は
  • JKCのスタンダード(犬種標準)に定めているため
  • 昔からの慣習として定義しているため
  • よりかっこよく見せるための整形として
  • 垂れ耳は耳の病気になりやすいため
  • お尻周りを清潔に保つため
などと言われます。

耳の病気やお尻周りを清潔…などは、
他に垂れ耳垂れ尾の犬種がいるのに少々違和感のある理由ですよね^^;
今なお行われる一番の理由はJKCの標準と慣習です。

最近ではイギリス、ドイツ、オランダ、デンマーク、スウェーデン、
ノルウェー、オーストラリアなどでは動物愛護の視点から
断尾と断耳を禁止し、自然な形の犬たちが増えています。

「この犬種はこうでなくてはならない」

という考えが日本ではまだ消えていないので、
まだ多くの犬たちが断尾や断耳をされています。

断尾と断耳を行う犬種は・・・?


では、どんな犬種が断尾と断耳をされているのでしょうか。
以下にまとめました。
など
など

断尾の方が多く行われ、また生まれてすぐ(生後10日以内)に行われるため
家庭で迎える際にはもう断尾された状態ということが多いです。

今人気のトイ・プードルも断尾犬種ということは意外と知られていないですよね。

断耳は生後3ヶ月~5ヶ月の間に行われ、
麻酔をして耳の軟骨の一部を切り取り立たせます。
綺麗に立たせるのにはしばらくの間固定が必要です。

断尾・断耳について考えなくてはならないこと


現在行われている断尾と断耳は美容整形的な意味が強いです。

特に今でも多く行われている断尾ですが、小さいうちに切ってしまうので
痛くないという話がありますが、痛覚はありますので
痛くないはずはなく、子犬は泣き叫ぶそうです。

断耳は飼い主さんの手に渡ってから行われるため、
そこは飼い主さんの選択に任されます。

なので現在は一般の飼い主さんの中では
断耳は行わないという方も数多くいます。

実際に断尾犬種で断尾されていない子犬を手に入れるというのは
ペットショップではほぼ不可能で、
ブリーダーでも生まれる前から予約をして尾を切らない意思を伝えないと
購入は出来ません。また、キャンセルはできないことが多いです。

断尾と断耳をしたシャープな顔や体つきは惚れぼれします。
確かにカッコよいです。

しかし自然なままの姿も優しげで愛らしいです。

断尾と断耳の話が出ると反対派と賛成派で必ず討論が起きます。

私はあえてどちらの意見の肯定も否定もしませんが、
みなさんは、断尾と断耳についてどう思いますか?

この記事を読んで知ったことを
是非周りにお話してみてくださいね。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 45 : 26 | 犬の体のしくみ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2015/06/19 16:52 * [ 編集 ] | page top
--リンクさせてください--

今まさにショードッグについて考えていたところです。
問題提起という形でブログをかいてみたいのですがこちらの先生の記事をリンクさせていただけないでしょうか。
by: ひろち * 2015/06/19 16:53 * URL [ 編集 ] | page top
--リンクの件--

ブログでリンクさせていただいておりますが もし差し支えがあるようでしたらリンクは削除いたします。
どうぞ宜しくおねがいします。
by: ひろち * 2015/06/19 19:01 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: リンクの件--

>>ひろちさん
こんにちは。
リンクの件、問題ございません。
わざわざご報告ありがとうございます!
どうぞよろしくお願い致します!
by: meg * 2015/06/20 15:24 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |