ドッグトレーニング理論④~オペラント条件付けを3つの行動に分けて考えてみよう~
2011 / 07 / 27 ( Wed )
ドッグトレーニング理論、第4回目。
今回はオペラント条件付けについてさらに詳しくお話していきます。

「オペラント条件付け」は条件反射的な「古典的条件付け」とは異なり
「好きなこと・良いこと」は何回も繰り返そうとし、
「嫌いなこと・嫌なこと」は回避しようとする反応
のことを言います。

比較的シンプルな古典的条件付けと比べて
オペラント条件付けはちょっと複雑になっています。

ですので、まずは犬の行動をわかりやすく分けて考えてみましょう。

行動を起こすとその前後には「きっかけ」と「結果」が存在します。

この「きっかけ」と「結果」を
「行動の前」「行動の後」と置き換えると

「行動の前」→「行動」→「行動の後」
⇒「ハッピーorバッドな気分」

と3つの「行動」に分けられますね。

では、実際にこの流れを「食事中の飛びつき」を例にして
3つに分けて考えてみましょう。

犬の行動をオペラント条件付けで考えると…?


  1. 行動の前~行動を起こすためのきっかけは?~
    …飼い主さんがおいしそうな物を食べていた!

  2. 行動~どんな行動を起こした?~
    …飛びついてねだった!

  3. 行動の後~行動の結果どうなった?~
    …食べ物をもらった!

  4. .o○(ハッピー!)

この3つの行動の流れがオペラント条件付けの基本になります。

愛犬の気になる行動を発見したら、
まずは何がきっかけになってるか考えてみるだけでも
理解度が変わってきますよね。

行動の結果「犬がどう感じたか」というのが
その行動が増えることに繋がりますので
オペラント条件付けでは重要となります。

上記の食事中の飛びつきでは結果的に犬が「ハッピー」だと感じたので
飛びつくのは悪い行動ですが、飛びつくという行動が増えます

さて、この基本の流れを理解できたでしょうか?
続いてはオペラント条件付けのパターンを見ていきます。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

10 : 58 : 05 | ドッグトレーニング理論 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |