他犬とすれ違う時のお散歩マナー
2011 / 08 / 02 ( Tue )
suretigai.jpgお散歩をしていると他犬とすれ違うことがあります。

このすれ違いの時、どのような対応をしているでしょうか。

ルールはありませんが守ってほしいマナーがあります。

犬の様子によって対応は様々になりますが、
すれ違い時には下記の様な最低限のマナーは守るようにしましょう。

  • 犬が行きたがるからと言って近寄らせない
  • 吠えるとわかっている場合はあらかじめ指示を出す
  • すれ違う時にはリードを短くする

犬が行きたがるからと言って近寄らせない


自分の犬が遊びたがるからといってお散歩ですれ違う犬には
勝手に近づかせないのがマナーです。

ドッグランなどと違ってただすれ違うお散歩の場合は
他犬との接触を苦手とする子も多くいます。

そういった子の場合は近づかなければ何もしないという場合が多く、
飼い主さんもその子の特性を知っていますので
近づかせず一人の散歩を自分のペースで楽しんでいます。

しかし相手の子は吠えないからと言ってこちらから近づくと、
吠えられたり噛まれたり…とトラブルになる場合があります。

相手の子がフレンドリーで興味を持っている場合は
近づかせても大丈夫ですか?」などと聞いてから
挨拶をさせてあげましょう。

吠えるとわかっている場合はあらかじめ指示を出す


すれ違いは犬が興奮しやすい状況です。
興奮度が上がると吠えに繋がる子がいます。

お散歩を何回もしていると自分の愛犬の反応がわかってくるはずなので
「吠えそう」な場面では率先して
先に何か(オスワリマテなど)指示を出しましょう。

何度も何度も繰り返し行うと他犬と会っても興奮をしなくなっていきます。

吠えると相手の犬も興奮させることになるので
コントロールできるように練習をしましょう。

すれ違う時にはリードを短くする


狭い道などでは特にリードを短くする、
犬同士が接触する側を歩かせないなど配慮をしましょう。

リードが長いままだと犬は動き放題なので
コントロールもしずらいです。

また、接触した場合お互いのリードが絡まることも・・・

普段から出来るだけリードを短く持って
お散歩をするのもマナーの一つですね。

落ち着いてクールなお散歩が出来るようにしていきましょう♪



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 22 : 19 | マナー | コメント(1) | page top
コメント
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2011/09/19 23:54 * [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |