犬のしつけに困った時~プロのトレーナーの力を借りよう!~
2011 / 08 / 18 ( Thu )
gakkou.jpg自分だけではトレーニングに自信がない!
手がつけられない問題犬になってしまった…
などなど、愛犬のしつけやトレーニングに関して
壁にぶち当たることがありますよね。

そんな時にSOSしたい人はプロのトレーナーです。

しかし、実際どのような感じのトレーニングを受ければいいのかわからないと思います。

そこで今回は現在主流となっている
4つの犬のしつけ&トレーニング施設に関してお話します。
  • しつけ教室タイプ
  • 訓練所タイプ
  • 出張訓練タイプ
  • 幼稚園タイプ

しつけ教室タイプ


まずほとんどの方がしつけに困ったら行ってみようと考えるのがしつけ教室ですね。

しつけ教室は1回きりの無料の物から、
有料で何回かのコースになっている物、
ペットショップで行われたり、動物病院で行われたりと
その内容や場所も様々です。

しつけ教室の内容として多くある物は大きく分けて
  • 集団トレーニング
  • 個別トレーニング
  • 飼い主さん単体で学ぶ(しつけ方教室)
等です。

しつけ教室は飼い主さんが実際に一緒に学習し、
その場で実践できる事が一番のメリットで
わからないことも質問出来ます。

また、全国各地で実施されているので気軽に参加しやすいです。

デメリットは全体を見て進められていくので
個人のレベルの進度と合わない事があります。

環境に起因する問題行動の場合は改善しないことも。
(家で吠える、しつけ教室では大人しくなってしまう等)

また、集団でのトレーニングになるので
他の子に対して極端に吠えてしまう子は難しい場合があります。
※こういった子には個別のしつけ教室もあります。

ちなみに1回のしつけ教室参加では
問題行動の出ている子はほとんど改善しないので
続けて参加しなくてはなりません。

訓練所タイプ


訓練所では預かりトレーニングや
飼い主さんと一緒にしつけを学ぶしつけ教室などがあります。

預かりトレーニングは短期から長期まで様々で、
訓練士と一緒の生活でみっちりトレーニングを入れます。

メリットはほとんどの訓練所では家庭犬から
作業犬までトレーニングしていますので
家庭犬としてのレベルから競技会のレベル、作業犬のレベル…と
高度で専門的なトレーニングまで学ばせることが出来ます。

デメリットとしては引き取る前に
飼い主さんも一緒にトレーニングを受けないと
結局家に帰ったら元に戻ってしまった…ということになってしまいます。

訓練所が主催するしつけ教室も定期的にあるので
こちらに参加してみるのもよいでしょう。

中には強制トレーニングを行うところもあるので、
どのようなトレーニング方法かをしっかり確認してください。

出張訓練タイプ


出張訓練は自宅に訓練士やトレーナーが来て、
一緒にトレーニングを行ってくれます。

メリットとしては自宅や、
自宅周辺の環境で実際にトレーニングするため
問題行動の原因が環境にもある場合は非常に効果的です。
などはこの出張訓練が向いています。

デメリットとしては個別で出張のため、
一回のトレーニングは集団のしつけ教室と比べると割高になります。

幼稚園タイプ


最近増えてきたのが犬の幼稚園型のトレーニング施設です。

子供の幼稚園の様に犬を1日幼稚園に登園させ、
1日単位で基本動作や問題行動修正などその子に合わせたプログラムで
トレーナーがトレーニングを行います。

1日のトレーニング内容をトレーナーが連絡帳に書き、
迎えに来た飼い主さんは様子やトレーニング方法を実際に聞いたり
帰ってから連絡帳を見て復習します。

しつけ教室と預かりトレーニングを足したような形になります。

メリットとしてはその子に合わせたプログラムを作成し行ってくれること、
他の来園犬と一緒に遊ぶなどの社会化も行える事などの他に
長期スパンの訓練所の預かりとは違い、
飼い主さんの都合に合わせた1日単位の預かりとなるので
飼い主さんの心理的な負担は少ないようです。

デメリットとしてはしつけ教室と同じで
家と環境が違うことから、問題の原因に環境も含まれる場合は
家に帰っても治らないということもあります。
※その場合は出張が入ることもあります

また、飼い主さんが家でしっかり復習することにより完成していくので
預けてるからと言って飼い主さんも一緒に行わないと
中途半端になってしまいがちです。

ちなみに幼稚園がある地域はまだ少ないです。

信頼できるトレーナーを見つけよう


いかがでしょうか。

なんだか子供の学校や塾を選ぶのに似ていると思いませんか(笑)
個別指導が良かったり、家庭教師が良かったり…
集団では成績が伸びなかった子が個別にしたら成績が伸びたり・・・
やっぱりその子に合った学習の仕方というのは人も犬もそれぞれなのですね。

ちなみに各デメリットを埋めることをしっかりと実践されている所もありますので
ご参考までに。

結論としてどれが良くてどれが悪いというのはありません。
飼い主さんの生活状況なども視野に入れて選択されてください。

トレーニングをお願いする前に
どのようなトレーニング方法なのか
ということだけは必ず確認してくださいね。

始めてから「理想と違う!」なんてこともありますので^^;

また信頼できるトレーナーを見つけることがとても重要ですので
トレーニングを受ける前にいろいろ質問をしてみてください。
(トレーナーの性格やトレーニングの方向性がわかります)

当たり前ですが問題犬になる前に通い始めた方が問題は起きません。
問題犬になってしまってからの修正は時間と根気がかかります。

問題を未然に防ぎたい!という方は進んでプロのトレーニング法を
学んでみると良いでしょう。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 08 : 53 | しつけ全般 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |