ミニチュア・ピンシャーの魅力に迫る!
2011 / 08 / 30 ( Tue )
まるで小さいドーベルマンのようなミニチュア・ピンシャー。
小さいながらもりりしい顔つきにファンの多い犬種です。
今回はこのミニチュア・ピンシャーの魅力に迫ります。

ミニチュア・ピンシャーとは


minipin.jpgミニチュア・ピンシャー(以下ミニピン)はドイツ原産の小型犬でJKCのグループ分けでは第2グループ(使役犬)に含まれます。

ミニピンは小型獣駆除のため、
中型のピンシャー(ヘル・ピンシェル)を小型化して
作出されました。

ドーベルマンとよく似たミニピンですが、
ドーベルマンを小型化したものではなく、
ミニピンの方が歴史的には古い犬種です。

ミニピンは19世紀に入り小型化が急速に進み、
家庭犬として飼育しやすいサイズとなり愛玩犬として普及しました。
小型化の過程にはミニチュア・シュナウザー
トイ・マンチェスター・テリアの血も含まれています。

警戒心の強い性格から番犬や護衛犬として活躍しました。

非常に均整のとれた体型をしており、
大きさは小型犬ですが中型犬以上の存在感があります。

断尾、断耳犬種です。
毛色:ブラックタン、レッド、チョコタン
愛称:ミニピン

ミニチュア・ピンシャーの気を付けたい病気
など

ミニチュア・ピンシャーの飼い方としつけ


ミニピンは小型ながらとてもエネルギッシュな犬種です。

動きまわることが好きなので、
他のトイグループの小型犬しか飼ったことのない場合は
その動きにびっくりすることでしょう(笑)

ですので、運動はしっかりと行う必要があります。
関節が弱い個体もいますのでフローリングでの激しい運動は避けましょう。

ジャンプ力もかなりあるため、よく跳ねますが
前述のように関節が弱い場合やフローリングでは危険を伴いますので
この癖は付けない方が良いでしょう。

性格は警戒心が強く、物怖じしないところがあり、
またしっかりとした自己主張もします。

おっとりした子の多い小型犬の中では
しつけには多少てこずる場合が多いです。

子犬の頃から人や犬に慣らしたり、
爪切りなどのケアに慣らすようにしましょう。
ミニピンのほとんどは黒い爪なので爪切りは苦労します^^;

物覚えは良いので、色々なことを教えてあげてください。
ただし、動作が素早いので一つ一つの動作をきっちり行わせるようにしましょう。

毛質はスムースの短毛ですのでお手入れには手間がかかりません。
少し汚れた場合はお湯で濡らしたタオルで拭いてあげると良いでしょう。

寒さに非常に弱いので冬場は寒さ対策に気を付けましょう。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

09 : 51 : 00 | 犬種 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |