トレーニングの集中力が長く続かない犬への3つの対策
2011 / 09 / 07 ( Wed )
トレーニングに必要になってくるのが集中力。

この集中時間をどれだけ有効に使うかが上手なトレーニングと言えます。

しかしこの集中力の持続時間は犬によって個体差があります。

    トレーニングに対する集中力が長く続く傾向の犬
  • 使役犬種(ラブシェパードなど)
  • ご褒美であるおやつやおもちゃ。飼い主さんに対して執着がある
という感じでしょうか。

犬種的には人の指示を聞いてその指示を的確にこなす作業を行う
使役犬はやはりトレーニングの集中力は高いですし
逆に自己判断で行動することによって人の役に立っていた犬種は
指示に対する集中力は低くなります。
※犬種の中でもさらに個体差があります

その集中力は獲物などに対して発揮されるわけですから
劣っているというわけでは、決してありません。

また、ご褒美や飼い主さんに対してあまり興味を示さない子は
すぐに飽きてしまう傾向があります。

集中力が続かない、と感じる子は上手くキープしてあげる必要があるので
下記の様な対策を行ってみてください♪

  • 短い時間のトレーニングを何回かに分けてする
  • 合間におもちゃ遊びなど好きなことを入れる(気分転換でテンションを保つ)
  • 静的と動的な指示を織り交ぜる

短い時間のトレーニングを何回かに分けてする


syuutyuu.jpg犬の集中力というのは大体5分ほどしか
続かないと言われます。

あくまで目安なのでそれ以上行っても問題はありません。

しかし集中力が続く子は問題がなくとも、
集中力が続かない子は飽きて来てしまう時間が
これくらいと考えた方が良いでしょう。

なので5分のトレーニングを数回に分けて行う方が
こういった子には効率が良いと言えます。

集中力が切れた状態でお願いするようにアイコンタクトを取るのは
良いとは言えないので、集中力が切れる前に一旦終わらせるのが
良いでしょう。

合間におもちゃ遊びなど好きなことを入れる


集中力がなくなる=テンションも下がってきます。

何かを一緒にしたい!という気力を持たせることは重要ですので
トレーニングの合間にテンションをあげるおもちゃ遊びなどを取り入れます。

すると集中力も継続できるので良い状態でトレーニングできるでしょう。

静的と動的な指示を織り交ぜる


ずっと同じ様な動作を教えていると犬も退屈になります。

人も講義ばっかりより間に実技が入った方が楽しく、
また、気分転換になりませんか?

やはりトレーニングメニューも偏らず起伏を持たせた方が
犬も集中力が続きます。

マテを行ったら次はツイテ・・・
というように静的な動作と動的な動作を混ぜましょう。

落ち着いた後に動かしてまた落ち着かせるというような
メニューは犬のテンションをコントロールするのにも役に立ちます。


訓練競技会などで上位になる犬は作業犬として活躍している犬種が多いですね。
これにはやはり集中力が続きやすいというのもあります。

しかし、どの犬種でも上手にトレーニングすれば上位は目指せます。
少々難易度は高いですが・・・

その子に合ったトレーニング法を見つけてあげましょう♪



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

10 : 30 : 01 | しつけ全般 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |