コリーの魅力に迫る!
2011 / 09 / 09 ( Fri )
名犬ラッシーに出ていた犬・・・と言えばほとんどわかるぐらい
日本では犬種としての知名度が高いコリー。
今回はこのコリーの魅力に迫ります。

コリーとは


collie.jpgコリーはイギリス原産の大型犬で
JKCのグループ分けでは1グループ(牧羊犬・牧畜犬)に含まれます。

警察犬に指定されている7犬種のうちの1種です。

コリーにはラフ・コリー(長毛)とスムース・コリー(短毛)がいますが日本では通常コリーと言えばほとんどラフ・コリーの方を指します。JKCではラフとスムースは別犬種として登録されます。

コリーはスコットランドのハイランド地方で数百年もの間
牧羊作業をこなしていた大変古い犬種です。

「コリー」という名前の由来は
スコットランドの羊は顔と足が黒かったことから
アングロサクソン語で黒を意味するコリーと呼ばれ、
そのコリーの番をする犬がコリードッグと言われたことから
犬種名がコリーとなったことという説と、
羊の番をしていた犬の毛色に黒が多かったことから
コリーと呼ぶようになったという二つの説があります。

牧羊犬としての能力も非常に優秀で
1頭のコリーが50頭ほどの羊をコントロールできるといいます。

ラフ・コリーとスムース・コリーの違いは
毛質以外にスムースの方が少し神経質な傾向にあります。

コリーは非常に優美でバランスの良い体つきをしており、
牧羊犬から家庭犬、ショードッグとして人気を博しました。

日本では前述の「名犬ラッシー」で一躍有名になりましたが
名犬ラッシーの様な飼育が当時の日本の住環境では不可能に近く
多くの問題が生じました。

容姿の似ているシェットランド・シープドッグとは
同じ祖先を持ちます。

毛色:セーブル&ホワイト、トライカラー、ブルーマール

コリーの気を付けたい病気


  • 皮膚病
  • コリーアイ
  • コリーノーズ
  • グレーコリー症候群
  • など

コリーの飼い方としつけ


コリーは優しく飼い主に従順で、とても賢い犬種です。

少々神経質で吠えやすい傾向にありますが、
容姿の似ているシェルティよりは神経質ではありません。
(小型の犬種の方が神経質な傾向にあるため)

しかしその大きさからシェルティより
さらに運動量が必要なことと、ラフの場合は被毛の量も多いため
相当な抜け毛は覚悟しなくていけません。

最低でも1日2回の日常の散歩に加え、
ドッグランなど自由にできる場所で思う存分走らせてあげることが必要です。

コリーに憧れていたけど
住宅環境からシェルティを飼った・・・という方が
たくさんいらっしゃいますね(笑

コリーに限らず、自分の生活状況に合った犬種の選択をすることは
とても重要ですので、大型犬は飼えるのか、
運動量をこなすことができるか、抜け毛は大丈夫かなど
しっかり考えましょう。

しつけの面では癖は少なく、学習能力も高いので
教えたことはどんどん吸収しますので飼育しやすい犬種です。

しつけをしっかり行ったコリーは穏やかで気品にあふれます。
ラッシーの様に色々なことを覚えさせることも
不可能ではないと思いますよ^^




Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 52 : 19 | 犬種 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |