犬の気持ちになってみよう!~タイミングゲーム~
2011 / 09 / 15 ( Thu )
さて今回からの記事はちょっと趣向を変えて
犬と一緒に行えるゲームのお話です。

第一弾は「犬の気持ちになってみよう!~タイミングゲーム~」

・・・犬と一緒に行えると言っておきながら
これ実は犬と行わないゲームなんですが(笑

犬のトレーニングに最も重要とされているのは「タイミング」です。

タイミングが悪いと犬は何を教えられているのかわかりません。

ベストのタイミングは「犬がその行動を起こした時」です。

しかし、このタイミングは意外と難しいもの。

早すぎても遅すぎても伝わりません。

そこでこの感覚を鍛えるべく行うのがタイミングゲームです。

トレーニング法としては誘導を使わないで
犬の自主行動を利用するクリッカートレーニング方がメインなので
こちらの記事を読んでから行ってください^^
>>クリッカーを使って犬と楽しくトレーニングしてみよう!

このゲームを行うと
何もヒントのないところから犬をクリッカーだけで
正解の動作へ近付けて行くという
クリッカートレーニングのタイミングシェーピング(行動形成)
疑似練習が出来ます。

ゲームを行う人数は二人で、
一人が犬役、一人が飼い主役になります。

用意する物はクリッカー(ない場合はイエス等の声でも可)です。
クリック音は正解の合図とします。

クリック以外のヒントは与えてはいけません。
(表情や視線、声で誘導しないこと!)

    犬の気持ちになってみよう!~タイミングゲーム~の流れ
  1. 飼い主役の人が犬役の人にしてもらいたい動作を考える
  2. 犬役の人はその動作を当てるために色々な動作をする
  3. 飼い主役の人は犬役の人が正解の動作に近い動作をしたらクリッカーを押す
  4. 正解の動作を犬役の人が行ったらクリッカーを押して「正解!」で終了

1.飼い主役の人が犬役の人にしてもらいたい動作を考える


1.jpgまず二人一組で飼い主役と犬役に分かれます。

飼い主役の人は犬役の人にさせたい動作を一つ考えておきます。

ここでは「頭の上に右手を置く」というのを例にします。

2.犬役の人はその動作を当てるために色々な動作をする


2.jpg犬役の人はどんな動作が正解なのかわかりませんので
何か行動をしてその動作を当てて行きます。

例えば座ったり、転がってみたり・・・

何だかおかしく思えるかもしれませんが、
言葉の通じない犬たちの気持ちはいつもこうです。

犬は言葉が通じないので
飼い主さんの望んでいることを行動で探していきますよね。

3.飼い主役の人は犬役の人が正解の動作に近い動作をしたらクリッカーを押す


3.jpg飼い主役の人は犬役の人を上手く正解に近付けてあげるべく
クリッカーで合図を送ってあげます。

例えば犬役の人が右手をあげたら非常に正解に近いのでクリック!

正解から遠い動作の時はクリックをしない、
近づいたらクリックをする…
というような感じです。

犬役の人は一つ行動が絞れたので右手を使ってさらにいろいろな行動をします。
ちょっと目標が近づいたので多分やる気も出てきます。

犬もこんな気持ちなんですよ!^o^

4.正解の動作を犬役の人が行ったらクリッカーを押して「正解!」で終了


4.jpg犬役の人が右手を頭の上に載せたらクリックして
その動作が正解だった事を教えます。

次は犬役と飼い主役を変更してみましょう。


なかなか正解の動作が見つからないとイライラしてくるでしょう。
途中でクリック音がもらえると嬉しいでしょう。
それも犬の気持ちなのです(笑

飼い主役の人はタイミングよくクリックしないと
全然伝わらない、ということもわかることが出来ます。

また、クリッカーの0から教えて行くという理論を理解するのは
文章だけを読むとなかなか難しいのですが、
こういったゲームで体感するととてもわかりやすくなります。

人数が集まったらぜひ行ってみてくださいね。
制限時間を決めたりしてもとても面白いですよ^^




Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

10 : 13 : 32 | その他 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |