ドッグランで他の犬と仲良く遊べない犬について
2011 / 10 / 18 ( Tue )
run3.jpgドッグランなどに行くと他の犬と仲良く遊べず、
物怖じしてすみっこに行ってしまったり、
飼い主さんの足元から離れられない子がいます。

実はこういう子、多いです。

・・・何を隠そう私の愛犬もそうだったのですが(笑

最近成長が見られてきたのでこういったタイプの子が
どうすれば犬友を作ることが出来るのか、
経験を元にお話します。

まず、私の愛犬のプロフィール
社会化もしており、親元にも長くいたのでよく言われる
社会化不足からは外れます。

しかしパピーパーティなど「子犬と遊ぶこと」が
丁度震災の時期と重なり出来ず、
他犬に興味はあるがどう遊べばいいのかわからない
という感じになってしまっていたと思われます。

ランなどの広い場所以外、リードを付けた状態での犬同士の挨拶は
怖がらずに行えるのですが、遊び方だけわからないと言った感じです。
また、他犬からにおいを嗅がれるのにも慣れていない状態でした。

大人しい性格の子は一度他犬との遊び方を忘れてしまうと
思い出すのに時間がかかるのかもしれません。
あまり自己主張しない子は、ケンカ等のトラブルは起こさないけど、
こういった引っ込み思案なタイプになりやすいように思います。

無理強いはせずゆっくりと慣らしていく必要があります。

私の愛犬はどうやって克服していったかというと・・・
  • 同じタイプの子と一緒に過ごさせる
  • テンションをあげる
  • 刺激の低いランに入れる

同じタイプの子と一緒に過ごさせる


大人しい子、相性の合う子を見つけて一緒に過ごさせてあげます。
我が家の場合は、知り合いの子、お店の看板犬の子が
偶然にも同じようなタイプの子で、一緒に過ごすことが出来ました。

それでも回数としては2、3回しか過ごせませんでしたが、
これは普段他犬と過ごさない彼女にはちょうど良い刺激となってくれたようで、
その場をどう過ごせばいいのか短期間で学べたようです。

このようなきっかけ作りが大切です。

まずは、犬仲間、お知り合いに声をかけてみましょう。

テンションをあげる


他犬を見るとどうしていいかわからず
テンションが下がってしまう子が多いですね。

そこで、愛犬のテンションをあげてあげましょう。
テンションのあげ方はこちらの記事へ
>>子犬との遊びでテンションをコントロールしよう!~子犬のテンションをオンにさせる~

軽く走らせたり、毛を逆立たせたり、おもちゃOKなら引っ張りっこをしたり…
その場で出来るテンションアップで準備運動をしてから
他犬に会わせるとそのまま遊び始めることもあります。

また、他犬と遊んでたら声をかけて褒めてあげると良いですね。

刺激の低いランに入れる


ランに入る場合は頭数の少ない、性格のわかっている子がいるランに入ります。
私は近所のドッグランに良くいきましたが、
段々と他の子の性格がわかってきます。

落ち着いている雰囲気の時に入り、飼い主さんから離れること、
他犬がいる雰囲気に慣らしましょう。

飼い主さんとリードで繋がっている時だけ挨拶が出来るという場合は
飼い主さんから離れると自信をなくす、依存しているということも考えられます。

誰もいないランで離れることに慣れるということも良い練習になるでしょう。

しかし「子犬の社会化にドッグランを使わない方が良い3つの理由」でも触れましたが、
大勢の犬がいるランは刺激が強すぎるため、逆効果となる場合があります。

ランデビューは慎重に行いましょう。

大人しい子はやんちゃな子よりケンカの回避がうまい、
ケンカをしない傾向にあるので、ランで上手に遊べるようになったら
マイペースに楽しめるようになります。



犬は基本的に飼い主さんとだけ仲良く過ごせれば、幸せと言われます。

しかし、飼い主さんからするとやはり他犬と仲良く楽しそうに遊んでいる姿は
可愛らしく、癒される物。

出来れば遊んでいる姿が見たい!と誰もが思いますね。

多くを求めすぎず、無理のない程度に
友達づくりをさせてあげられると良いですね。


この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

14 : 16 : 18 | 子犬との生活 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |