犬との生活が便利になる!“ハウス”をどんどん活用しよう!
2011 / 10 / 28 ( Fri )
ハウスを覚えて日常で活用できると
犬との暮らしが確実にスムーズになります。

何度もハウストレーニングの重要性についてお話をしていますが、
犬に教える単体の動作のどの物よりもハウスには
しつけや生活の中で活用できることがたくさんあるのです。

まとめてみると・・・
etc…
これだけのことにハウストレーニングは利用できます。

特にハウスで「大人しくできること」というのを学ばせると
びっくりするぐらい大人しい良いわんこになりますよ。

我が家の愛犬のハウスを使うことによる大人しさを感じるエピソードをお話しますね。

お出迎え時の興奮が減った


私が家に帰る際に家族が愛犬を出していてそのまま家でフリーになっていると
すごい勢いで走ってきてマテをかけても待ちながらソワソワし、
解除すると嬉しさのあまり声を上げることがありました^^;

これはその子の性格によってはさらにエスカレートした吠えになり
ウレションなどにも繋がってしまいますね。

また、過剰なお出迎えイベントは犬に不安も与えます。
分離不安の記事を参照

しかし今では帰る時間も大体決まっているので私が帰る時にはハウスにいます。
ハウスの中にいる愛犬を見ると全く興奮せず微動だにしません(笑
そのまま放っておいても出せと文句も言いません(笑

その後出してあげると興奮はするもののすぐにクールダウンします。

ハウスの中にいるだけでこれだけ興奮の度合いが変わってくるんだなぁと
実感できました。

興奮しやすい子には是非ともこの対応をしてもらいたいです。

お留守番にハウスを使い、そのまま戻るパターンなら
最初からハウスにいる状態なのでお留守番も上手にできて、
お出迎えの興奮も防げて一石二鳥ですね!

警戒吠えが減った


我が家の愛犬は何故か父親が帰ってくると一声吠えたり、
少し唸ったりします。

夜遅くに帰ってくるのもあり警戒をしているようです。

これはフリーになっている時だけ起こるようで、
ハウスにいると起こりません。

安心できる場所なので警戒心も減るのですね。

そのため来客に吠えてしまう子等は
あらかじめハウスに入れておくと
かなり吠えを減らせます。


いかがでしたでしょうか。
ハウス、どんどん活用してみてくださいね^^



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

12 : 14 : 09 | しつけ全般 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |