春と秋に起きる、犬の換毛期の不思議
2011 / 11 / 19 ( Sat )
愛犬の毛が春頃と秋頃にごっそり抜けることがありませんか?
これは“換毛期”と言って人間でいえば衣替えの様なもの。

換毛期のある犬とない犬がいるのはご存知でしょうか?

今回はこの換毛期の不思議についてお話します。

犬の被毛の種類についてはこちらの記事をご参考ください。
>>犬の被毛(コート)の種類について詳しく知ろう!

換毛期のしくみ


換毛期は前述のように春と秋に大量に毛の抜けることを指します。

換毛期でなくとも犬の毛は
新しい毛が生え、成長が止まり、古い毛になり少しずつ抜けるという周期を繰り返し、
年間を通して毛が抜け、生えていきます。

換毛期は特に春と秋の日照時間と気温が関連して起きると言われ、
暖かくなってくると保温性の高いアンダーコートを脱毛させ、硬いオーバーコートを増やし、
寒くなってくるとオーバーコートが抜け、アンダーコートを増やしていきます。

夏場の犬はすっきりとし、冬場の犬はもこもこと暖かそうなのは
こういった毛の抜け変わりによる物です。

ちなみにアンダーコートとオーバーコートのお話からもわかるように、
しっかりとした換毛期があるのはこの二種類の毛「ダブルコート」を持つ犬種で、
どの犬種にもあるということではありません。

※ただしダブルコートでも一部のテリアなどは
換毛期を持たず、毛が抜けにくいです。
そのため、人の手で毛を抜くプラッキングという技法が使われます。

換毛期のある犬種

など

主に寒冷地を原産とする犬種や、
四季のはっきりしている場所が原産の犬種は換毛期があります。

逆にシングルコートや暖かい場所原産の犬種には
はっきりとした換毛期はありません。

換毛期に注意したいこと


kanmou.jpg換毛期は古い毛が大量に抜け変わるため、
古い毛が皮膚から落ちず綿のような状態でいつまでもくっついてしまうことがあります。

これを放っておくと通気性も悪く皮膚によくないため、
換毛期が始まったらブラッシングを多くするように気を付けてあげてください。

私はダブルコートを持つ大型の雑種犬(日本犬+シェパード系)と
ダブルコートを持つミニチュアシュナウザーを飼ったことがありますが、
同じダブルコートでも前者は換毛期もありものすごく毛が抜け、
後者はまったく抜けません。

トリミングの手間がかかるのは毛の抜けない犬ですが、
換毛期の犬はクッションが出来るぐらいの毛が抜けました(笑

毛の抜ける手間をとるか、トリミングの手間を取るか・・・
犬種選びをする時はこちらもしっかり考えましょう。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

15 : 49 : 44 | 犬の体のしくみ | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |