もし愛犬が脱走してしまったら…捕まえるための3つの方法
2011 / 11 / 25 ( Fri )
dassou.jpgふとした瞬間に愛犬が逃げてしまった・・・

なんてことありませんか?

実はこれ多くの飼い主さんが体験したことがあるようです。

脱走の理由の多くは…
  • 首輪(胴輪)が抜けた
  • リードが切れた
  • 扉が少し開いていて
  • 大きな音にびっくりして
などです。

もちろん脱走しないように管理するのが一番の予防ですが、
逃げてしまったらどうすればよいでしょうか。

いざという時に愛犬をうまく捕まえられるように
色々なパターンを考えてみましょう。

  • オイデで呼び込む
  • マテでその場で待機
  • 逆に走って追って来てもらう

オイデで呼び込む


呼んだら戻ってこれる場合はオイデの呼び戻しが一番良いでしょう。

しかし飼い主さんが焦ると犬は遊んでもらっていると思うのか、
普段出来ることが出来なくなる場合があります。

飼い主さんの冷静な対処がオイデで捕獲する成功のカギです。

普段から色々な状況で呼び戻しの練習をしましょう。

マテでその場で待機


バタバタ歩きまわっている時に急にマテと指示したら
ぴったり止まれるレベル子なら
マテで動きを止めて飼い主さんも犬も冷静になってから捕獲、
という形の方が良いでしょう。

マテは静の動作なので飼い主さんと犬どちらも落ち着くことが出来ます。

車が多い所などで脱走した場合は一旦止めた方が良い場合があります。

逆に走って追って来てもらう


オイデもマテも聞けない!という場合はかなり焦って
とにかく犬を呼びながら追いかけてしまいがちですが、
犬は追いかけられると逃げて、逃げる物は追いかける
という本能を持っています。

これは狩猟本能ですが、この本能を利用して犬を捕まえようと考えると
犬を追いかけるより犬を逃げた方が実は寄ってくるということです。

○○オイデー!など高い声をあげながら
後ろに下がるようにすれば犬は寄ってくる確率が上がります。

おやつを持っていたらそれも利用しましょう。

これはオイデを教える時に使う最初の方法でもあります。

余談ですが、犬に追いかけられてから犬が苦手になったという人の場合は
逃げることによって犬の狩猟本能を引き出してしまっているからなのです。

怖い場合は逃げない方が賢明と言われるのは、こういったことからですね。

もし捕まえられず逃げてしまった場合は迷子犬の捜索に移ります。
>>愛犬が迷子になってしまった時の4つの対処法

もちろんトレーニングを重ねて逃げてしまっても呼び戻せたり、
止めたりすることが出来るようにするのも飼い主さんの役目ですが、
しっかりとした管理が出来ていればヒヤッと体験は起きないのです。

愛犬の命を守るためにも、普段から注意するようにしましょう。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

14 : 27 : 46 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |