犬が散歩に行きたがらなくなる4つの理由
2011 / 12 / 19 ( Mon )
「散歩だよー
というと嬉しくて尻尾を振る犬がいます。

散歩という物は犬にとって大好きな物。
飼い主さんもそういった認識があると思います。

しかし中には散歩に行きたがらない犬がいます。
散歩に行こうとしてもテンションが低かったり、
中にはそそくさと逃げてみたり・・・

犬が散歩に行きたがらなくなるには
下記の4つの理由が考えられます。

社会化不足


小さい頃からあまり外に出ない等社会化不足になっている犬は
外に出るのを嫌がる傾向にあります。

外に不安を持っているため、
散歩に対して良いイメージを持たなくなります。

室内と室外の気温差


samui.jpg室内と室温の気温差が大きいと外に出た瞬間
暑さ寒さに対応できず負担がかかります。

この温度差が嫌で家から出たがらない子がいます。

この時期だと小型犬は寒くて外に出たくない、
という子が出てきますね^^;
(こういう子は概ね歩きだすと普通に歩きます)

肥満


体重が重くなり過ぎて歩くのが億劫になると
散歩に出るのを嫌がるようになります。

散歩に出るのも躊躇し、
散歩中にも歩くのを拒否したりするようになります。

体調不良


体調が悪い時は散歩に行きたがらなくなる事が多いです。

特に関節が痛い場合等は歩くこと自体を嫌がるため、
いつも散歩が好きなのに拒否しだした場合等は
体調面を疑いましょう。


ちなみに我が家の愛犬は家でのんびりするのが好きなようで
特に夜は眠たいのか私が散歩に行こうとするとテンションが下がります(笑

しかし外に行くと普通に歩くので外が怖いわけでも、
体調が悪いわけでもないのですね^^;

最近は「よーし散歩に行くよー!」なんて
私が犬のテンションをあげて散歩に行かせてます。

排泄は家の中で出来るので、
そこまで散歩に対してこだわりを持っていないようです。

他の犬と挨拶するのが好きなので
犬と会わない夜の散歩には興味がそこまでないようです。

室内小型犬で活発ではなく、おっとりしているタイプの子は
そこまで散歩命ではない傾向があるように思います。

こういう子は散歩で喜ばなくてなんだか犬っぽくないと思ってしまいますが、
雨の日や用事があって散歩に行けない場合でも
犬にとってストレスにならないのである意味良いとも言えます。

しかし普段から散歩が生きがいの様な犬が、散歩に連れ出そうとしても
小屋から一歩も出てこなくなったなんて場合は
体調面で異常があると考えられるので注意して下さい。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

16 : 17 : 32 | お散歩 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |