犬が丸くなって寝る3つの理由
2011 / 12 / 21 ( Wed )
冬になると犬が丸くなって寝ている姿によく遭遇しますよね。

丸くなるのは猫だけだと思っていた人はびっくりするのではないでしょうか(笑

この丸くなる寝方は下記の3つの理由からしていると考えられます。
  • 暖を取るため
  • 巣穴で眠っていたため
  • 緊張しているため

暖を取るため


marumaru.jpg一番の大きな理由は暖を取るためです。

人間も寒いと体を縮めますが、
犬も寒いと丸くなって表面積を小さくし、
体温が寒さで奪われるのを防ごうとします。

この丸くなるという寝方で犬ぞりの犬たちは
雪が積もった中でも平気で寝る事が出来ますので
それだけ寒さ対策になるということですね。

巣穴で眠っていたため


犬はもともと狭い巣穴で寝ていたため、
丸くなって寝るというのは日常的な寝方の様です。
ハウスなどでは丸くなって寝ている姿が見れますね。

緊張しているため


寒くもなく、狭い場所にもいないのに体を丸めている場合は
緊張していることも考えられます。

急所であるおなかや鼻を隠すような
縮こまる格好は緊張していると考えられます。

反対に体を伸ばしたり、おなかを見せている状態は
リラックスしています。

特におなかを見せる寝方というのは急所を見せているので
相当なリラックス状態です。

我が家では犬と猫が丸くなって寝始めるとあぁ冬が来たなぁなんて思うほどに
丸くなって寝るのは風物詩となっております(笑

眠り方一つでも観察してみると面白い物ですよね!



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 50 : 26 | 雑学 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |