環境の変化における犬のストレスについて
2012 / 01 / 10 ( Tue )
いつもの環境から少しの変化があった・・・
そんなことがあると習慣や日常を好む犬の多くは
多少なりともストレスがかかります。

例えば
  • 引っ越しをした
  • 結婚して家に人が増えた
  • 犬が家に増えた
  • 他の動物が家に増えた
  • 赤ちゃんが生まれた
  • 新しい飼い主の元へ引き取られた
などが日常にあり得る環境の変化に当たります。

これらの変化があると精神的に落ち着かなく不安定になるため
犬はストレス行動を起こす場合があります。

特に顕著に見られるのが下記の2つです。
  • トイレを外す
  • 嘔吐をしたり、便が緩くなる

トイレを外す


引っ越しでトイレがわからなくなった、
トイレの場所が変わって理解できなくなった、
などを理由にトイレを外すことがあります。

また、飼い主さんの注目を得ようとあえて外してみる子も。

環境の変化が原因で最も多く見られるのがこのトイレの問題です。

今まで出来ていたのにどうして!?とイライラせず
一からトイレトレーニングをするつもりでもう一度教えてあげてください。

元々出来ていた物なので精神的に落ち着けば普段通りに戻る子もいます。

嘔吐をしたり、便が緩くなる


体調面ですぐに現れるストレスサインの一つとして
嘔吐や軟便があります。

あまり環境の変化を気にしていないように見えても、
これらが見られる時はやはりストレスを感じていると思われます。

一過性の物が多いですが、
長引いたり症状がひどい場合は炎症を起こしている場合もありますので
病院に行きましょう。

その他のストレスサインはこちらをご参照ください。
>>犬のストレス症状に気付こう!

自分だけの居場所がなく、落着かないとこれらの症状が出やすいです。

環境が変わっても「ハウス」という自分のスペースがあれば
多少なりとも犬は落ち着くことが出来ます。

ハウスはどんなに環境が変わっても普遍的に「ハウス」のままです。

いつでも落ちつけるようにハウストレーニングを行って、
ハウスの中に入れてあげましょう。

我が家の愛犬は最近
  • 家に赤ちゃんが増える
  • 自分の移住スペースを猫のいる部屋に変えられる
  • トイレスペースも変えられる
と、一時的にたくさんの環境変化が起きてしまい、
上記の2つのストレス行動が少し見られました。

一気に慣れるということは難しいことですので、
ゆっくり環境の変化に対応していってもらっています。

ほとんど人間の都合で犬の生活環境という物は変わりますので、
問題行動が出ても広い目で見てあげて、
慣れるまでサポートしてあげましょう。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

17 : 44 : 07 | 犬との生活 | コメント(2) | page top
コメント
--里子に迎えたトイプーのトイレ躾--

初めまして。
現在2歳のキャバプーと2歳のトイプーを飼っています。トイプーは10月に迎えた里子ですが、元の飼い主さんから「この子はトイレの躾ができてません。外でもしないし家でもソファーやベッドに粗相してしまいます。」と聞いていました。
これはどうなることかと心配しましたが、先住犬キャバプーと散歩に行くと当日からオシッコを外で、翌日からはウンチもできるようになりました。
ただ、家の中でトイレシーツにさせることにひと月半格闘しています。
2匹を部屋に放して1日留守番させておくので、朝晩2度ずつの散歩でトイレを済ませても、ガウガウ遊んだりするのか帰宅すると粗相が時々あります。
先住犬はシートをどこに置いても完璧なのですが・・・。
いろいろHPを見たりして、粗相したところにシートを敷く、シートをたくさん敷くなどをしても、どうしてもトイレシートの脇の絨毯にします。
2日前から、外でしたおしっこをハンカチに臭いつけて、ケージを用意してその中のシートに置き、ごはんの後、起きた時、水飲んだ後にケージに入れて、チーッチチ(来た当時外でのトイレにかけた声)を声かけています。
しかし、シートの上に座ったり伏せたりでまったくしません。
何かよいアドバイスがあれば教えてください。
by: koncocomama * 2013/11/29 11:09 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: 里子に迎えたトイプーのトイレ躾--

>>koncocomamaさん
こんにちは!

トイプーちゃんのトイレトレーニングですね。

失敗はまずお留守番時のフリー中に起きているのですよね?
トイレのしつけが出来ていないと言われている子を
フリーにして失敗をしないはずがないのですが・・・。
フリーにしてお留守番をさせている理由はあるのでしょうか??

トイレ=ペットシーツとしての認識がない
(今まで教えられたことがない)状況で
失敗を繰り返すことをお留守番中にどんどん経験しているので
トイプーちゃん自身「どこにしてもいい」という認識が強いはずです。
そこで家に帰ってからトイレトレーニングとしてシーツにしようと教えても
おそらくペットシーツとトイレが繋がらないです。

この状況をまず止めないと、家で見ている時にどんなに教えても
覚えることはないと思います。

トイレトレーニングが出来ていない子をフリーにする場合は
人がいる状況で監視が鉄則なのです・・・!

まず、どんな時でもトイプーちゃんの行動範囲を限定し、
シーツの上で排泄をした時に褒めて、出してあげるようにしてください。
「シーツの上で排泄をして、その結果ご褒美が出た」
というような経験を積ませなくてはいけないので、
しばらくはケージの中やサークルにシーツを敷き詰めた場所で
排泄を待つ生活をさせることになります。
トイレに連れて行くタイミングとしてはOKです。
起きた後に少し運動をさせるのも良いです。
散歩で排泄をさせるとタイミングもつかみにくくなるので、
しばらくは散歩をやめて室内トイレトレーニング一本にするのも手です。
(将来の事を考えると室内で出来る方が良いため、
私は室内でのトイレをお勧めします)

まずはお留守番の環境を変える所から始めてみてくださいね!
by: meg * 2013/11/29 14:27 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |