ワイヤー・フォックス・テリアの魅力に迫る!
2012 / 01 / 24 ( Tue )
個性的なテリア種の中でも比較的ポピュラーに飼われているのが
ワイヤー・フォックス・テリアです。

今回はこのワイヤー・フォックス・テリアについてお話します。

ワイヤー・フォックス・テリアとは


wire.jpgワイヤー・フォックス・テリア(以下WFT)は
イギリス原産の小型テリア種です。

JKCでは3グループに含まれます。

毛質にはごわごわとしたワイヤーと光沢のあるスムースがいますが、日本での人気はワイヤーに偏っており、スムースを見かけることはほとんどありません。

性格的にはワイヤーの方が少々やんちゃと言われます。

WFTの主な仕事は小型害獣の駆除の中でも、
特にキツネ狩りに使われていました。

“フォックステリア”の名前の由来はここから来ています。

元々はレッドの毛色が多かったのですが、
キツネの色と間違えて誤射することがあったため、
現在の様な白を基調とし、茶色や黒の班のある毛色に改良されました。

“フォックステリア”はイギリスに古くからたくさんいたようで、
WFTの形として固定されてきたのは1790年頃からで、
このときからワイヤーの毛質を持つ犬と、スムースの毛質を持つ
犬に改良されていきました。

小型ながら均整のとれた
体長と体高の比率が1:1のスクエアな体をしており、
体もがっしり、機敏に動く犬種です。

尻尾は断尾され、被毛は特殊なトリミング技法のストリッピングを行います。
ストリッピングをしない場合はバリカンで仕上げますが、
毛は軟毛になっていきます。

最近では映画にもなったタンタンの冒険に出てくる
白い犬スノーウィがこのWFTです。

ワイヤー・フォックス・テリアの気を付けたい病気


  • 皮膚疾患
  • 二重睫毛
  • 肩脱臼

多くのWFTに見られるのが皮膚の疾患です。
WFTは皮膚が脂性で皮膚が弱い子が多く、
皮膚の疾患を起こしやすい傾向にあります。

赤みなどが出ていたら要注意!

ワイヤー・フォックス・テリアの飼い方としつけ


WFTはしっかりとしたテリア気質を持っています。
気が強く、頑固な面がありますので、
しつけは根気強く行っていく必要があります。

機敏な動きで動作が速いため、動作を教える際には
動作が中途半端にならないよう一つ一つしっかり形を完成させていきます。

気が強く、しっかりコントロールをしないと
他犬とのケンカなども起こるので気をつけます。

好奇心旺盛で遊び好きなので、
ドッグスポーツなどを楽しめる犬種です。

良いところを伸ばしてあげれると良いですね。

定期的なトリミングが必要な犬種ですので
家での毎日のお手入れなど欠かさないようにしましょう。




Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

15 : 21 : 06 | 犬種 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |