興奮させない犬の育て方
2010 / 07 / 07 ( Wed )
batabata.jpg人が来たら嬉しくてワンワン!
遊んでいると楽しくてワンワン!
引っ張ったり、跳ねたり、くるくる回ったり・・・・

「うちの犬、人も犬も大好きでいい子なんですが…落着きがないんです

飼い主さんからこんな悩みをよく聞きます。

ついついテンションが上がると興奮し、
落着きを失ってしまうワンちゃんがいます。

ワンちゃんは「吠える声」で遊びに誘ったり、
嬉しい・楽しいことを表現しますので
ワンちゃんにとっては普通の行動です。

特に明るい性格の元気の良いワンちゃんに見られますが、
興奮しすぎて飼い主さんが手がつけられなくなったり、
吠えを抑えきれなくなったりすると大変です。
(逆におとなしいワンちゃんは警戒から吠えるなどが多いです)

手のつけられなくなるほど興奮することを予防するために
日ごろから下記のことを心がけてください。

  • 人が落ち着く
  • クールダウンさせる
  • 引っ張りっこ遊びに注意

人が落ち着く


「こら!騒いじゃダメでしょ!落ち着きなさい!

なんて興奮しながら飼い主さんがワンちゃんに言っていることがあります。
これは興奮したワンちゃんをさらに興奮させる火に油のようなものです。

まずは飼い主さんが落ち着いてください。
何気ない飼い主さんの動きがワンちゃんの興奮を助長していることもあるのです
ワンちゃんを落ち着かせる前に一呼吸置いて自分が落ち着きましょう><

クールダウンさせる


人を見て興奮する、ワンちゃん同士で遊んでいて興奮するなどの場合は
一旦テンションを下げさせる「クールダウン」を行いましょう。

興奮した状態では目的のものには行かせず(この場合は犬や人)
一度「オスワリ」を指示してテンションを落ち着かせ、
落ち着いたご褒美として目的を達成させてあげます(この場合は犬や人に会うこと)
興奮したらすぐに対象から離して「クールダウン」させるようにします。

ワンちゃん同士で遊んでいるときもテンションが上がってきたら
一旦「オイデ」で呼び戻し落ち着かせてから再び遊ばせてあげましょう。

こうすることによりテンションスイッチのオンオフを学ばせることができます。

batabata2.jpg指示が通らない場合は一度興奮の対象から目を外させたり、
抱っこやリードを短く持ったりして体を拘束し、動けなくすることでクールダウンさせることができます。

引っ張りっこ遊びに注意


以前のエントリでも触れた「おもちゃ遊び」ですが、おもちゃ遊びには
テンションが上がりやすく興奮する要因がたくさん含まれています。

特に引っ張りっこ遊び
物を噛んで引っ張ることが大好きなワンちゃんが大好きな遊びですが、
その分興奮しやすい遊びです。
batabata3.jpg引っ張りっこを始めてテンションが上がって「ウーウー」と唸りそうになったら
一度「チョーダイ」や「放せ」などの指示で物を口から出させます。

無理に出そうとせずおやつと交換すると放してくれやすいです。
放したらもう一度遊ばせてOKです。
おもちゃから離れることにより、一度冷静になることができます。

おもちゃを持たせたままにすると
「おもちゃは僕のなんだ!誰にもとらせないぞ!」と、どんどん興奮し、
所有欲を助長することになります><
遊ぶ→放す→遊ぶ…と繰り返すとおもちゃは渡してもまた自分のもとに返ってくると
学習しますのでいずれおもちゃは指示で素直に返すようになりますし、
所有欲を持たせることもありません。

所有欲が強くなると本気で噛んでくることも…
これを防ぐためにも
飼い主さんがおもちゃを管理&指示でおもちゃを出させる
ことを徹底してください。


犬同士でも人とでも、楽しく遊ぶのはとても良いことです。
しかし、何もかも忘れて遊びだしてしまうと
飼い主さんに集中させるのは難しくなってしまいます。
なので、遊びの中でテンションをコントロールする練習を意識しましょう

また、コントロール不能になってしまわないように、
普段から基本動作のトレーニングはしていくように心がけましょう!



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

10 : 30 : 46 | しつけ全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |