繋いで大丈夫?店前での犬の繋留の2つの危険性
2012 / 01 / 26 ( Thu )
よくお散歩のついでにお買い物に行って、
犬をお店の前に繋ぐ方がいますね。

お利口に飼い主を待つ姿はまるで忠犬ハチ公の様で
何だかいじらしくなってしまいますが・・・
この繋留、実は人にも犬にも危険があるのです。

今回はこのお店の前での繋留についてお話します。
  • 犬が人を噛む危険性
  • 犬が盗まれる危険性

犬が人を噛む危険性


落ち着かない場所で飼い主さんから離れた状況というのは
犬にとってはとっても不安な状態です。

もちろん飼い主さんは「うちの犬は噛まない」という自信があって
公共の場に犬を置いていくのですが、
不安な犬はいつもと違う行動に出る場合があります。

また、どんな人が通るかもわかりません。
繋いでいる犬は触らない、というのは愛犬家の中で常識の様ですが、
すべての人がそう考えているわけではないので
触ろうとする人もいます。

子供は特に突発的に触りに行きやすいです。

そのため、口傷事故が発生しやすいです。

相手が勝手に触っても過失は管理をしていなかった飼い主さんに行きます。

私はお店の前に繋がれていた犬を触ろうとした子供が
噛まれたという現場をかなり見た事があるので
確率的には相当高いのだと思います。

犬が盗まれる危険性


しつけが出来て、長時間マテが出来る子で、
フレンドリーで絶対人を噛まない!
という自信がある場合でも、また別の問題があります。

それが犬の盗難です。

特に他の人に警戒心を抱かない、フレンドリーな子は
疑問も抱かずについていってしまう可能性がありますし、
その場を動かずにマテの指示を守り続けていたとしても
小型犬なら抱っこでさらわれる危険性があります。

特に純血種はそのまま売りに出されることもあるようです。


犬にも人にもかなりの不安を与えるお店のまでの犬の繋留。
それでもやりたいという場合は自己責任となりますので、
その点を注意して下さい。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

16 : 35 : 11 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |