犬の尿検査!上手に尿を採取する方法
2012 / 02 / 01 ( Wed )
愛犬が血尿、尿結石、膀胱炎など泌尿器のトラブルになった時
獣医さんで行うのが尿検査です。

しかし人間のようにすぐに採取できる物ではなく、
その場だとカテーテルを使ったりして尿を取りますが、
ほとんどの場合は自宅で採取をしてきて、と言われます^^;

この尿の採取意外に難しく、みなさん苦労されているようです。

今回はこの尿の採取の中でも一般的に行われている方法をお教えします。
  • 採尿キットを使う
  • ペットシーツをひっくり返して使う
  • 日用品を代用して使う

採尿キットを使う


病院で採尿キットを用意されている場合は
それを使って採尿出来ます。

棒の先にスポンジの様な物が付いていて、
そこに尿を含ませます。

尿がかかりさえすれば簡単に他の菌等もつかずに採尿出来るので
効率的な方法です。

しかし排泄する格好がしゃがみすぎていたりすると
隙間に棒を入れるのが難しく採尿しずらいので、
上手くいかない場合は別の方法を試してみます。

ペットシーツをひっくり返して使う


普段ペットシーツに排泄している子はペットシーツを裏側にして
排泄させるようにすると、裏側は吸水しないので
スポイトなどで尿を取る事が出来ます。

日用品を代用して使う


オス犬の場合は排泄しそうになったら性器に紙コップを近づけたり、
メス犬の場合は使用済みのトレーを下に敷いたりして
採尿することもできます。

トイレトレーにラップを敷くのも良いようです。

なお、キット以外の物を使う場合は付着物や菌等が尿にまじらないように
アルコールで消毒をし、拭きとってから使うと良いでしょう。

最終的には飼い主さんがその子に合った方法を見つける事が多いようですが、
是非参考にしてみてください。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

14 : 09 : 27 | 犬の健康管理 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |