犬の膀胱炎に気をつけよう!
2012 / 02 / 16 ( Thu )
犬の尿に異常がある時比較的良く見られる症状が膀胱炎です。

人にも見られる病気ですが、他の病気を併発していたり、
長引いたりとなかなか厄介な病気です。

今回はこの犬の膀胱炎についてお話します。

犬の膀胱炎とは


犬の膀胱炎は大腸菌やブドウ球菌などの細菌感染で
膀胱が炎症を起こした状態を言います。

尿道が短く、地面に触れる機会の多いメス犬の方が多いです。

細菌感染をしても、ほとんどの場合自浄作用があるため
膀胱炎は起こしませんが、細菌が多い、強力な場合等に
発症すると考えられています。

犬の膀胱炎の症状

  • 濁った濃い尿をする
  • 血尿
  • 何度も排尿する
  • 排尿後尿がぽたぽたと垂れる
  • 排尿時に痛がる
等の症状が出た時には膀胱炎の可能性があります。

また、膀胱炎と共に尿道結石、腎盂腎炎や前立腺炎などを併発、
引き起こすことがあります。

犬の膀胱炎の治療


最低2週間ほど抗生物質を投与します。

抗生物質投与を終えてもすぐに再発をする場合は
尿路結石など別の原因を疑います。

犬の膀胱炎の予防

  • 飼育環境を清潔にする
  • 水をたくさん飲ませる
  • 頻繁にトイレに行かせる
まず、細菌感染させないよう、普段の飼育環境を清潔に保つことが重要です。

続いて、水をたくさん飲ませること。
水をたくさん飲ませると排尿回数が増えます。

膀胱炎は細菌の入った尿が体に長時間たまるとなりやすいため、
飲み水と排泄の管理をしっかりと行いましょう。

水をしっかり飲みしっかり排泄することは尿路結石の予防にも繋がり
健康に良いことですので、普段から心がけれると良いですね。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

11 : 13 : 42 | 犬の健康管理 | コメント(2) | page top
コメント
----

 うちの犬は、今膀胱炎の治療中で、
 ほとんど治ってきてます。

 うちは、朝と夕方と二回しか散歩に行けません。
 おしっこも、ちょこちょこ度々します。
それは、膀胱炎だけでなく、マーキングのためでもあるんでしょうか。
 よければ、教えてください。
by: ゆぅ * 2013/08/31 09:31 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>ゆぅさん
初めましてこんにちは。
わんちゃん膀胱炎だったのですね、
よくなってきたとの事で良かったです。

頻繁におしっこをする場合はマーキングが考えられますが、
膀胱炎だった事もあり、そちらで頻尿になっている事も考えられます。

マーキングの場合は臭いを自由に嗅がせていると
ちょこちょこと少しのおしっこを何度もします。

臭いを嗅がせる機会を減らせばマーキングは減りますので、
散歩の始めや終わりなど、一回に多くのおしっこをさせてあげるように
させるとマーキングも減ります。

また、膀胱炎になったのはは
やはり日に二回しかトイレに行けないので
我慢をしていたことも関係しているかと思います。
膀胱炎は一度なるともう一度起こしやすいです。
予防のためにも朝、夕の他に
夜寝る前などにトイレに連れて行く事は出来ないでしょうか?
飼い主さんにもワンちゃんにも負担のない範囲で
少しでも工夫出来ればよいと思います。
by: meg * 2013/09/02 15:00 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |