犬の肥満細胞腫と脂肪腫について
2012 / 03 / 15 ( Thu )
犬の肥満細胞腫と言う病気、聞いたことありますか?

「肥満」と付くので一見すると肥満な犬がなる病気に見えますが
決してそうではなくどんな犬でも発症する可能性のある病気です。

犬の皮膚の腫瘍として多く見られる肥満細胞腫。
今日はこの病気と、症状の似た脂肪腫についてもお話します。

犬の肥満細胞腫とは


肥満細胞腫は犬の皮膚に多く発生する腫瘍で
良性から悪性まで様々ですが、
悪性の物はリンパ節や肝臓、脾臓などに転移する確率が非常に高いため
予後はあまりよくありません。

肥満細胞腫の症状としてはおできのような物が皮膚に出来ます。
このおできのような物にはほとんど毛が生えていなかったり
出血が見られたり、炎症を起こしていることもあります。

犬のおでき=脂肪腫について


犬も人間のように「おでき」ができることがあります。

犬のおできは「脂肪腫」と呼ばれ、
出来た場所が邪魔にならないところであれば
良性腫瘍なので切除などせずとも問題はありません。

しかし、厄介なのが「脂肪腫」なのか「肥満細胞腫」なのか
見た目だけでは判断することが出来ず、
また良性なのか悪性なのかも判断することが出来ません。

ただの脂肪腫かと思って放っておいたら
肥満細胞腫だったということがあるため
皮膚に何かできた時は獣医さんに行き、
早めに診察を受ける必要があります。

犬の肥満細胞腫の原因


原因は不明ですが、高齢犬(平均9歳以上)に多く見られます。

犬の肥満細胞腫にかかりやすい犬種


など
しかし、原因は不明の為どんな犬種でもかかる可能性のある病気です。

犬の肥満細胞腫の治療


腫瘍のタイプによって外科的な切除や
放射線治療などの化学療法が取られます。

まだ腫瘍自体が悪さをしていない場合でも
いつ悪さをしだすかわからないため
多くの場合は放置せずに治療をします。

転移をし、体内に腫瘍が出来てしまった場合
見つけるのが困難となるので
早期発見、早期治療が重要です。

肥満細胞腫、脂肪腫の予防のためにサプリメントを使用したわんちゃんの体験談はこちら。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

16 : 12 : 39 | 犬の健康管理 | コメント(6) | page top
コメント
--肥満細胞腫--

いぬ14歳5キロのダックス 鼻の上に急に 小さいイボのような固まり 腫れを発見 肥満細胞腫の可能性も考えられますでしゅうか

by: フジタ * 2012/10/16 14:42 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: 肥満細胞腫--

>>フジタさん
こんにちは、わんちゃんの様子が心配ですね。
高齢になるとイボも出来やすくなります。
肥満細胞腫かどうかは検査をしなければわかりません。

年齢も高齢ですので健康診断も兼ねて早めに病院に行く事をお勧めします。
by: meg * 2012/10/16 14:58 * URL [ 編集 ] | page top
----

お教えありがとうございます。実は家近くの動物医院で針で細胞とり、その 顕微鏡写真を大学病院におくり検査中です。腫瘍に違いないが 悪性か否か検査結果を待っています。細胞の写真で悪性か否か判定できるものでしょうか。
by: フジタ * 2012/10/16 15:14 * URL [ 編集 ] | page top
----

14歳のダックスです。生まれて以来のかかりつけ医のところで、肥満細胞腫の疑いで検査中です。どのようなとき、セカンドオピニオン 第二次診療をうけるのが よいのでしょうか 第二次診療の受ける場合の注意点はどんな点でしょうか お教えください
by: フジタ * 2012/10/16 15:34 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>フジタさん
犬の肥満細胞腫は残念ながら悪性の方が多く、
そのため細胞針の検査は肥満細胞腫のグレードを調べて
今後の治療法を決めていくという意味合いが大きいと思います。

私は犬のしつけ専門のため治療や検査に関して詳しく応える事が出来ず申し訳ありません。
不安や疑問点がある場合は先生に直接ご相談頂く方がよいかと思います。
お力になれず申し訳ありません・・・。
by: meg * 2012/10/16 15:42 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>フジタさん
セカンドオピニオンは、その病院の治療法、
先生の対応に少しでも疑問を抱いた時、
曖昧な説明をされた時に行うべきかと思います。

ただ、現在は検査待ちということですので、
診断を待つべきではないでしょうか。

肥満細胞腫は刺激によって活性化しやすい腫瘍ですので
色々な病院で細胞針の検査を何度もするというのは
ダックスちゃんの負担になりそうです。
by: meg * 2012/10/16 15:49 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |