狂犬病予防接種の受け方~動物病院での接種について~
2012 / 03 / 22 ( Thu )
前回の「狂犬病予防接種の受け方~集合接種について~」に引き続き
今回は動物病院での予防接種のメリット・デメリットについてお話します。

動物病院での接種のメリット


  • 健康状態をしっかりチェックしてくれる
  • 日にちを気にせず接種できる
  • 他の犬を気にしないで接種できる
集合接種と違って動物病院での接種は
一日に多くの犬を診ることはしないので
予防接種の前にしっかりと体調のチェックをされます。

検温、体重測定、心拍数などチェックし、
カルテにも記載されます。

カルテがある分前回の状態とも比較できるので
その点はとても安心ですね。

また、日常体調面で気になっていること等も
相談することが出来ます。

若く健康的な子程動物病院に行く機会が少ないため、
予防接種の時などにしっかりと気になっていることを聞くのは
とても良いことです。

予防接種ついでに
ノミダニ駆虫薬フィラリアの薬をもらうなど
他の用事も済ませることが出来ます。

動物病院は診察時間内であればいつもで接種が可能です。
ここが日にちを指定されている集合接種との大きな違いでもあります。

また、集合接種と違い個別の受診となるため、
他の犬に吠えてしまう子などでも安心して接種することが出来ます。

動物病院での接種のデメリット


  • 待ち時間が長いことがある
  • 診察代分の費用がかかることがある
狂犬病の予防接種のシーズンはフィラリアの予防のシーズンや
ノミダニの駆除薬の投薬シーズンなどと被っているため
動物病院が非常に混雑していることがあります。

また、病院によっては予防接種料金の他に
初診料や再診料などがある場合があるので
診察はいらないので、注射だけ受けたい!というような場合は
集合接種でも良いと思います。

ただ、個人的には病院に行く機会があるというのは
もし何か病気があった場合の早期発見早期治療にも繋がりますので
混合ワクチンや狂犬病予防接種などの際に
診察をしてもらうというのはとても良いことだと思います。

逆につい最近病院に行ったばかりというような場合は
集合接種でも良いと思うので、
どちらを選ぶかは飼い主さんの判断にお任せという形になります。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

14 : 10 : 30 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |