春はドッグイベント日和!ドッグショー見学のマナー
2012 / 03 / 28 ( Wed )
少しずつ暖かくなって春らしくなってきましたね。

春は寒くもなく暑くもなく、わんこたちと楽しく過ごせるので
この頃からドッグイベントが多く開催されるようになってきます。

そんな中、行われるイベントの中で特に大きな物の一つが
FCIジャパンインターナショナルドッグショー
です。
※リンク先はJKC公式サイトです

FCIジャパンインターは去年は大震災の影響で
中止となったことも記憶に新しいですね・・・。

今年2012年は3/31(土)~4/1(日)にかけて行われるFCIジャパンインター。

ショーに参加する方はもちろんのこと、
色々な犬種を見ることができる、犬好きにはたまらないイベントですね。

犬連れでも見学の出来るイベントですが、
ショードッグたちはこの日のためにコンディションを整えてきています。

迷惑にならないようマナーを守って見学をしましょう。

ドッグショー独自の見学マナーと
ドッグショーを含む犬同伴可のドッグイベント全体に言えるマナーがありますので
2つに分けてお話します。

ドッグショー見学のマナー


  • 写真撮影は慎重に
  • 出陳犬への接触はNG
  • ショー参加者へ迷惑になる行動はしない
ドッグショーは愛犬をショーの舞台に立たせ、
勝つためにコンディションを整えて来た出陳者と
ドッグショーを見学、楽しむために来ている一般参加者がいます。

出陳者は遊びではなく本気で来ています。
かなり緊張もしていますし、神経質にもなっています。

そのため一般参加者は出陳者の邪魔をしないよう
心掛ける必要があります。

出陳する犬を最後に整えるパドックへは無断で立ち入らないようにし、
ショードッグを走らせるリンクの近くではおもちゃの音や
おやつなどで妨害をしないようにします。

ショードッグの写真を取る場合はオーナーやハンドラ―の許可を取り
フラッシュなどを使わずに撮影して下さい。

また、通路などで立ち止まると出陳者の邪魔となります。

あくまでメインはショーに出陳する関係者
(ハンドラ―、ブリーダー、トリマー、オーナー等)ですので
これらの方々の迷惑にならないよう意識しましょう。

一般の愛犬家が参加する他のドッグイベントとは違い
ドッグショーは勝負の世界となりますので、
このようにちょっと特殊なマナーがあります。

憧れの犬種がたくさんいるとついつい興奮してしまいますが、
マナーを守って気持ち良く見学したい物ですね。

続いては犬連れを主体としたドッグイベント全体のマナーについて
お話します。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

15 : 33 : 13 | マナー | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |