トレーニング用の犬のおやつは色々な場所に置いてみよう!
2012 / 04 / 11 ( Wed )
犬のトレーニングに使われるおやつ。

何か行動をした時にすぐさまその行動を強化してあげるのに
褒め言葉とおやつは重要な役割を果たします。
※詳しくは「褒め言葉を強化していこう!」をご覧ください。

しかしいざ褒めようとしたらおやつがなかったなんてことも。

そんな時の為におやつは部屋の色々な位置に置いておくことが
好ましいです。

例えば
  • エプロンのポケット
  • テーブルの上
  • 冷蔵庫の中
など

生モノでなければ冷蔵保存しなくてもしばらくは大丈夫ですので
小さく小分けして色々な部屋に置いておきましょう。

もちろん冷蔵庫に取りに行っても大丈夫です。

部屋のあちこちに置いておくとこういった良いことがあります。
  • おやつを与えたい時にすぐに与えることができる
  • 犬におやつの場所はランダムだと教えられる

おやつを与えたい時にすぐに与えることができる


おやつを分散して置いておくとご褒美を与えたい時、
正しいことをした時にすぐに与えることも出来ます。

遠い一箇所に置いておくとそこまで取りに行く間に
すでにわんこは何を褒められていたのか忘れてしまいます。

例えばトイレが上手にできたのに
わざわざ別の場所におやつを取りに行くのなら
トイレの近くに一箇所おやつを置いておいた方が効率もよいですよね。

人側も犬側もわかりやすく効率がよいと言えます。

犬におやつの場所はランダムだと教えられる


トレーニング中はほとんど、
おやつはポーチやポケット等から出てきてしまいます。

これは分かりやすくすぐに褒められるということで良いことなのですが
犬に
「ポーチがないとやる気が起きないなぁ
「近くにおやつのにおいがしないからやる気が起きないなぁ
なんて思わせてしまうことも考えられます。

現にトレーニング用のポーチが
あるなしだとテンションが違う子がいますね(笑

また、人も常にトレーニング用のポーチを身につけているわけでも
常におやつを持っているわけでもないので
おやつを手に持っていない状況だと不安になりますよね。
  • 「イイコ」と言った後におやつがもらえる事を理解している
  • 解除の合図まで指示を継続できる
  • その指示でする行動を理解している
こんな子は少し間が空いた形でおやつを与えても大丈夫です。
指示をして従ったら「イイコ」と言ったあとに
部屋のに置いてあるおやつ入れからおやつを与えてみます。

すると「イイコ」と言われたら
「おやつはポーチ以外にも色々な場所から出てくる!」
犬は学習するのでポーチがなくとも良い反応をしていきますし
「おやつが目の前にないと指示に従わない」
という事がなくなります。

また、最終的にはおやつなしで褒め言葉のみにしていくことが理想なので
おやつが手元にない状況での指示の練習にもなりますね。

しかし新しい行動を教えていたり
まだおやつと褒め言葉が繋がっていないような場合、
褒めるタイミングが難しいような動作を教えている場合は
ポーチやポケットなどからすぐにおやつを出して
わかりやすく行動の強化をしてあげましょう。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

15 : 09 : 25 | しつけ全般 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |