子犬をブリーダーから迎える際にしておきたい3つのこと
2012 / 04 / 13 ( Fri )
犬を飼うときにはどういったルートで子犬を迎え入れるか
決める必要があります。

今回は純血種をブリーダーから購入するという流れに決めた時に
飼い主さんが行っておきたい3つのことについてお話します。
  • 犬種について勉強をする
  • ブリーダーを探す
  • 実際にブリーダー見学をしてチェックする

犬種について勉強をする


純血種には一定のスタンダードがあるので
自分が欲しい性格の犬種、目的の犬種というのを
見つけることができます。

気になる犬種がいたらまず
犬種図鑑やインターネットなどでしっかりと探し勉強してください。

犬種が決まったらブリーダーを探していきます。

ブリーダーを探す


犬のブリーダーは全国にいます。

しかしショップのように近所にすぐにあるということは少ないため
どうすればいいのか・・・とこそこで諦めてしまうことも多いようです。

まずはインターネットや雑誌などでとにかく色々探し回り
自分の好みの血統の子を探してください。

10年以上も共にするパートナーです。
面倒臭がらずに行いましょう。

  • 容姿(骨格、毛並みなど全体のバランス)
  • 性格
  • 血統
  • ブリーダーの信念
  • ブリーダーの環境
  • 遺伝性疾患に対する考え
  • 犬舎の犬たちの様子
  • 多くの犬種を繁殖していない
  • 自分の犬をショーに出陳している
  • チャンピオン犬がいる
などをチェックします。

親がわかればある程度子犬の成長後の姿もわかりますし
ブリーダーによっては譲渡後の子犬の写真なども載せているので
その点も参考になります。

その犬種に対して特に熱心にブリーディングしているブリーダーは
多くの犬種を繁殖しません。
単犬種か他に数種扱っているぐらいのところが良いでしょう。

また、ショーに出陳している様なブリーダーは向上心が高く、
犬の質もとても高い可能性が高いです。

質にこだわるならこういったところもチェックします。

たくさんのブリーダーをチェックしていると
必ず自分の理想とする犬が見えてきます。

そしてブリーダーを絞ったら実際に見学をしに行きましょう。

実際にブリーダー見学をしてチェックする


ネットや雑誌などで調べた上記の事について
実際に見学をして、お話もしてみましょう。

ブリーダーさんの人柄に触れることも大事です。

犬がとにかく好きで、大切にしている雰囲気は伝わってきますか?

逆に
  • 衛生面に不安がある
  • 母犬たちの状態が悪い
  • こちらの質問にうやむやな返答をする
  • 犬種の知識がない
などの不安を感じたらそこでの購入はやめましょう。

最近はブリーダーも悪徳ブリーダーが問題となっています。
値段が安いから、というような理由で
そういった場所から子犬を買うのだけはやめましょう。

1件ではなく何件も回って
自分の中で比較をしていってください。

このようにブリーダー購入はショップ購入と違い
子犬が育つ環境、親犬、他の兄弟を
実際に見学できることが優れています。

その子のために走り回って、実際に触れて・・・
未来の愛犬を真剣に探してください。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

14 : 31 : 55 | 犬を飼い始める前の準備 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |