皮膚トラブルの進行を防ぐために!犬の皮膚のチェックをしよう
2012 / 04 / 16 ( Mon )
犬の健康チェックの中で毎日のボディチェックは欠かせないことです。

皮膚のトラブルは放っておくとどんどん進行して
痒みを伴う物が多いので犬にとっても辛くストレスとなりますし、
進行してしまうと慢性化することもあります。

皮膚のトラブルも早めのチェックで対処することにより
後の回復が違います。

感染性の高い物で人にも移る人畜共通感染症の場合は
さらに早めの対処が求められます。

普段から下記の8つの症状がないか
頭の先から尻尾の先までくまなくチェックするようにしましょう。

犬の皮膚トラブル、8つのチェック項目


  • 赤みがないか
  • 出来物が出来ていないか
  • かさぶたができていないか
  • 血が出ていないか
  • フケが大量に出ていないか
  • 脱毛していないか
  • 痒がっていないか
  • 皮膚がべたついていないか

これらは目で見て手で触って簡単に確認できる項目です。

毛量の多い子は皮膚の様子をチェックするのが大変ですが、
毛をかき分けてしっかりと皮膚の様子をチェックするようにしましょう。

次回は色々な皮膚病について細かくお話します。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

16 : 04 : 16 | 犬の健康管理 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |