犬のお散歩後のブラッシングを忘れない様にしよう!
2012 / 05 / 01 ( Tue )
桜も散って初夏の様な気候になってきて
お散歩中にわんこたちがハアハアと舌を出すようになってきました。

さて、この時期お散歩後に忘れずに行いたいのがブラッシングです。

この時期でなくてもお散歩後にはブラッシングをした方が良いのですが
下記の3つの理由からブラッシングに力を入れていきましょう!
  • 草の実や葉っぱなどの除去
  • ノミ、ダニの発見
  • 換毛期の抜け毛処理

草の実や葉っぱなどの除去


緑が多くなる季節、草の実や葉っぱが覆い茂ります。
また、散った桜の花びらなども路上にたくさん落ちています。

burasing2.jpgシュナウザープードルなど足まわりに飾り毛がふさふさと生えている犬やシェルティーゴールデン・レトリーバーなど長毛の犬などはこれらの落し物が足の被毛に絡みついてしまいます。

これを除去しないで放っておくとどんどん毛が絡まり
毛玉になってしまうので、早めにブラッシングで取り除くようにしましょう。

絡みに絡んでしまうと、ハサミで切るしかなくなってしまいます。

ノミ、ダニの発見


この時期はノミやダニも発生し始める時期です。

毛をかき分けてしっかりブラッシングしていると
ノミダニを発見できる事があります。

早めに見つけ、駆除できるようにしましょう。

換毛期の抜け毛処理


暖かくなってくると換毛期で毛が抜け変わります。

放っておくと皮膚への通気性も悪くなりますので
ブラッシングで適度に取り除く必要があります。

お散歩前でも良いのですが
上記二つの処理と一緒に出来ると良いですね。

ちなみにお散歩中にブラッシングをして
その毛を飛ばしてしまうのはマナー違反です。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

16 : 30 : 01 | 犬のお手入れ | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |