犬を不安にさせる悪い抱っこの仕方
2012 / 05 / 09 ( Wed )
前回は犬を安心させる抱っこの仕方についてお話しましたが、
今回は反対に犬を不安にさせる抱っこについてお話します。

犬が抱っこを嫌いになる理由の一つは
不安だったり痛かったりする抱っこをされたためです。
詳しくは>>犬が抱っこを苦手になる2つの理由

よくしてしまいがちなのが、下記の3つの抱っこの仕方です。
  • 腕を持った宙ぶらりん抱っこ
  • 肩に担ぐ様な抱っこ
  • 体に密着していない抱っこ

腕を持った宙ぶらりん抱っこ


dakko3.jpg犬には鎖骨がないため、
腕の下に手を入れるだけで持つ抱っこは負担になります。

腕だけを持つ抱っこはさらに危険で脱臼する恐れもあります。
犬も痛いため、抱っこされるのが嫌になります。

肩に担ぐ様な抱っこ


肩の上に犬の前足が来て、犬のお腹が人のお腹と接着する様な抱っこは
犬が肩をよじ登って脱出する恐れがあるためオススメ出来ません。

動くことができるかもしれない、という不安定な抱っこは
犬の落着きがなくなります。

落ちると痛いので、高い所に抱っこされると怖いという感情も生まれます。

体に密着していない抱っこ


良い抱っこの仕方をしていても犬の体と人の体がくっついていないと
不安定になるため、犬は動こうとしがちです。

密着させて犬を固定しましょう。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

14 : 38 : 00 | 犬との生活 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |