犬の外部寄生虫と内部寄生虫について
2012 / 05 / 14 ( Mon )
犬の寄生虫といえば、フィラリアノミ・ダニ等が有名ですね。
これの寄生虫は大きく分けて外部寄生虫と内部寄生虫に分けられます。

犬の外部寄生虫


外部寄生虫は主にノミやマダニなどで、
犬の体の表面から寄生し吸血をしたりします。
多くの症状が皮膚のトラブルです。

人にも感染し、また様々な感染症の媒介も行います。

犬の内部寄生虫


  • 犬回虫
  • 犬鉤虫
  • 犬鞭虫
  • 犬条虫
  • コクシジウム
  • フィラリア
内部寄生虫は犬の体の内部に寄生します。
消化器に寄生する物が多いですが、
フィラリアの様に心臓に寄生する内部寄生虫もいます。

多くの寄生虫はフンの中に排泄されて肉眼で白くて細長い物を確認できますが、
コクシジウムは肉眼では確認できず、
フィラリアも心臓にいる為肉眼では確認できません。

犬条虫の媒介主はノミとなり、外部寄生虫であるノミに感染することにより
内部寄生虫である犬条虫にも感染するという形になります。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

15 : 03 : 06 | 犬の健康管理 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |