電気コードを噛む犬への4つの対処法
2012 / 06 / 06 ( Wed )
cord.jpg犬は噛むのが大好きで、
特に子犬は色々な物を噛みたがります。

詳しくはこちらの記事もご参照ください
>>犬の甘噛み対処法~ソファーなどの物を噛む場合~

犬によって噛む物の好みがあるようで、
イスの足が好きな子、ソファーの皮が好きな子、
絨毯が好きな子、と様々ですが中でも厄介なのが電気コードフェチの子です(笑

多くの物は噛むだけでは犬の身体面ではすぐに害がなく、
(もちろん飲み込んだら誤飲の心配はありますが)
また、噛まれるとわかっていたら側に置かないという対処が出来ます。

しかし電気コードは家の中の色々な所にあり
電化製品に繋がっているので生活に必須です。

また、噛まれてしまうと犬が感電するという事態にもなり
非常に危険です。

下記の対処法を試してみてください。
  • ビターアップルを塗る
  • 電気コードにカバーをつける
  • 別のおもちゃを与える
  • 天罰を与える

ビターアップルを塗る


ビターアップルという苦いスプレーをコードにかけておき、
「電気コードを噛むと苦い→嫌な思いをする→噛むのを止める」
というような学習をさせます。

飼い主さんの言葉などではなく、
自分で嫌な事があったから止めるという学習ができます。
そのため、飼い主さんがいない時にはいたずらをするという事がなくなります。

ただし、このスプレーは効かない子がいるのが欠点です^-^;

電気コードにカバーをつける


電気コードにいたずらをしないようにカバーをつけます。

カバーはホームセンターなどで売っています。

直接コードをかじらなくなるため、感電の心配がなくなりますし、
コードと噛みごたえが変わるため、興味のなくなる子もいます。

別のおもちゃを与える


とりあえず何か噛みたくて仕方ない!という子の場合は
別の噛むおもちゃを与えましょう。

別の噛むおもちゃを与えて、遊んでいる時には褒めるなどして
コードよりいいことがあると教えます。

天罰を与える


コードを噛んでいるタイミングで飼い主さんが関わっていない天罰を与えます。

例えばリードを首輪に付けておいて噛もうとしたら何も言わずにリードを強く引く、
大きな音がする物を見えないところから投げるなどです。

言葉で叱ると見ている時にはしなくても、
目を離したときにいたずらをすることがあります。


また、普段コードを噛まない様な子でも
ストレスがたまっていたりすると突発的に噛みだす事があります。

そうならないように、犬の様子をしっかり把握することも大事です。

余談ですが我が家の犬はコードに興味がないので安心していたら
雨で散歩に行かなかったときにイヤホンをやられた事があります^^;

イヤホンは人が耳に付けるという事からそのにおいに釣られたようで
自分の管理不行き届きに反省しました。

ちょっと暇を与えてしまうとこういう事が起きてしまう・・・
本当に犬は正直です。

少しの油断が大きな事故に繋がってしまうこともあります。

イヤホンを噛むのは特に小型犬に多い様なので、気を付けてくださいね。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

15 : 22 : 59 | 噛み癖 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |