犬の自発的行動を利用してコマンドを教える方法
2012 / 06 / 14 ( Thu )
犬に何か動作を教える場合は、
おやつを使って誘導してその動作を形成して行きますね。

そして少しずつ誘導を抜いてコマンドで出来るようにしていきます。

しかしこれとは別に、犬が自発的にした行動に
言葉を乗せて教えていく方法もあります。

それが下記の二つです。
  • クリッカーで動作を引き出す
  • 偶然を狙う

クリッカーで動作を引き出す


犬の自発行動を促して行動形成をする方法として有名なのが
クリッカー」ですね。

犬が自発的にした行動にクリッカーでマークをしていき、
行動形成が出来たら、言葉を乗せていきます。

これはクリッカーの基本ですが、
誘導で教えていく方法とは別で犬の自発性を伸ばしていく方法ですね。

行動を自分で起こして少しずつ覚えていくので
誘導の方法で起こる「少しずつおやつの誘導を抜いていく」というのが
こちらの方法では必要ありません。

偶然を狙う


atoduke.jpgクリッカーが少々難しい場合は・・・・その名も「偶然を狙う」です(笑

犬が偶然、飼い主さんの求める行動をし
たらその言葉を乗せていきます。

例えばフセている時に「フセ」と言ったりします。

誘導でどうしてもうまくいかない場合はこの方法も効果的です。

ただし、偶然を狙うのでかなり気長に根気よく続けなくては行けません。



「犬が自発行動をした後に言葉をかけるとそれをコマンドとして覚える。」

ということは・・・・・
犬が「吠えた時に」飼い主さんが「吠えないの!」といったら
犬にとっては飼い主さんの「吠えないの!」「吠えるコマンド」として
理解してしまうことがわかりますよね。

犬は言葉は分かりませんが状況と組み合わせて必死に理解しようとします。

その事を良くも悪くも忘れないようにしないといけませんね^^;



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

15 : 46 : 15 | しつけ全般 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |