雨の日の必需品“傘”に犬を慣れさせる2つの方法!
2012 / 06 / 29 ( Fri )
前回は傘を怖がる犬についてお話しました。

ではこの傘に慣らすにはどのような事を行えばいいのでしょうか?

2つの方法があるので、お話します。
  • 子犬の頃から慣らす
  • マテをさせて落ちついた状態で少しずつ慣らす

子犬の頃から慣らす


kasa.jpg子犬の頃の社会化の一つとして、
人の生活必需品等に慣らすトレーニングがあります。

子犬の頃は色々な物を受け入れやすいですから、
傘にも柔軟に対応できます。

例えば子犬が遊んでいるところに開いた傘を置いておいたり、
傘を持ったり、差したりして子犬の周りを歩いたりします。

開く時は子犬から離れたところでゆっくり開きましょう。

傘という存在が自分の日常によくあるものだと慣れてしまえば
成犬になっても怯えなくなります。

マテをさせて落ちついた状態で少しずつ慣らす


成犬になったり、月齢が上がってから傘を初めて見る様な状況だと
怖がりやすくなります。

この頃になると「マテ」などで落ちつけるようにトレーニングできるので
落ちついた状態を作りながら、
少しずつ傘を開いたり(最初はワンタッチで開かない)しながら
「マテの誘惑の一つ」として傘を使うような形で慣らしていきましょう。

外で待たせている時に傘を開いたらびっくりして動いてしまったら
まだまだ完璧なマテとは言えませんよね。

そういった点も兼ねて、傘を誘惑と慣らす事に使います。

傘を急に開いてもびくっとしつつも動かなくなったら
少しずつ克服したと言えます。

また、飼い主さんの指示で待つ自分に自信もついたことでしょう。

こういった二つの方法で慣らしてみましょう^^
ちなみに傘以外にも怖がるようなものには応用できますので
愛犬の苦手な物を探して克服していけると良いですね。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

16 : 29 : 25 | しつけ全般 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |