犬の歩き方について
2012 / 07 / 09 ( Mon )
犬が歩く、走るという動作をした時、
どのような動きになるかわかりますか?

犬は足の動かし方によって5種類の歩き方と走り方を持っています。

今回はまずは歩き方についてお話します。

犬の歩き方


まず、ゆっくりとした歩き方を「常歩(なみあし)」と言い、
この常歩にも斜対歩と側対歩の2種類あります。

斜対歩
4つの足がばらばらに動いく歩き方です。
多くの犬が常歩の時はこの歩き方になります。

syataiho.jpg


側対歩
右前足と右後ろ足、左前足と左後ろ足が同時に出る歩き方です。

大型犬によく見られ、緊張した時や骨格の構成などによって出ることがあります。

オールド・イングリッシュ・シープドッグではこの歩き方が正常とされますが、
他の犬種だとショーでは欠点となることがあります。

sokutaiho.jpg



さらに歩く姿が犬種固有の独特な物があり、
高く足を上げて歩くハックニー歩様や横揺れするローリング歩様など
ただ、「犬が歩く」と言うだけなのですが、とても奥が深いです。

次回は走る動きについてお話します。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

16 : 40 : 37 | 犬の体のしくみ | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |