赤ちゃんは犬と過ごすと病気に強くなる!
2012 / 07 / 10 ( Tue )
面白い記事を見つけたので今日はこのお話です。

「犬と一緒に育つ赤ちゃんは病気に強い」、研究【AFP=時事】

内容としては、生後1年内の赤ちゃんが犬と暮らすと、
感染症や呼吸器疾患にかかるリスクが減るという物。

akatyan.jpg毎日外に出る犬と接することで、
免疫系の発達を助けるということらしいです。

衛生状態が悪いような飼い方や、
常に抜け毛が散っているような状況は
赤ちゃんにとって(というか大人にとっても犬にとっても!)
よろしくないですが、
適度な接触は赤ちゃんにとって良いことになるのですね。

赤ちゃんに良いから!といって乳幼児がいる家庭で
犬を飼い始めるというのは夜泣き&夜鳴きのダブルパンチで
相当大変なので、安易な飼育はよしましょう^^;

もしも犬と赤ちゃんの共同生活が始まる場合は
犬と赤ちゃんの共同生活の3つのポイント
等の記事を参考にしてください。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

15 : 36 : 26 | 時事 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |