メス犬は要注意の病気!犬の乳腺腫瘍について
2012 / 08 / 28 ( Tue )
メス犬によく見られる病気として
子宮蓄膿症と同じくらい有名なのが乳腺腫瘍です。

今回は乳腺腫瘍についてお話します。

犬の乳腺腫瘍とは


犬の乳腺腫瘍はメス犬によく見られる病気で
乳腺にしこりが出来ます。

メス犬にできる腫瘍の約50%は乳腺腫瘍と言われ、
乳腺腫瘍自体の悪性と良性の比率は50%、
さらに悪性腫瘍の中で悪性度の高いものが
悪性腫瘍全体の約50%と言われます。

犬の乳腺腫瘍の症状


犬の乳腺腫瘍になると
  • 乳腺のしこり
  • 血や膿の混じった乳汁が出る
  • 乳腺付近の皮膚が腫れる
などの症状が見られます。

犬の乳腺腫瘍の治療


まず良性か悪性かの検査をします。

主な治療方法は外科的手術によって、腫瘍部分を切除、
合わせて放射線治療、抗がん剤治療等も行われます。

犬の乳腺腫瘍の予防


犬の乳腺腫瘍は性ホルモンが原因の一つだと考えられており、
予防として避妊手術が効果的とされます。

初発情前に避妊手術をすることで発症を約0.5%
初発情と二回目の発情の間に受けた場合は約8%…
というようにかなり発症率を下げることができるので
出産させない場合、避妊手術をいつしようか検討している場合は
早めに行うことをお勧めします。

症状の一つの「しこり」は目で見たり手で触ることによって
確認が出来ますので、日頃のボディチェックは
欠かさないようにしましょう。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

16 : 08 : 42 | 犬の健康管理 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |