足回りのお手入れが苦手な犬への必勝法
2012 / 12 / 26 ( Wed )
足回りのお手入れ、爪切り足拭きなどは
犬たちにとって苦手なお手入れの一つになります。

何故かというと、足先というの犬の弱点となるため
強く握られたり、触られたり、
血管の通っている爪を切られるということに対して
敏感に反応します。

もともと足回りに対して敏感な反応をしない子もいたり、
子犬の時から慣らすことによって
多少苦手意識を克服して、
上手にお手入れさせてくれるようになる子もいます。

しかし逆にどうしてもさせてくれなくなってしまったという子も・・・。

日常のお手入れなのでどうにかこなしたいところですが
どうしようもない!!!暴れるわんこを押さえてくれる人もいない!!
そんな時に使える裏技的な必勝法をお話します。

  • サークルとコングを利用する
  • 濡らした大きなバスタオルを利用する

サークルとコングを利用する


asihuki2.jpgまず、サークルとコングを用意します。

コングには奥の方にチーズを詰めておきましょう。

そのコングをサークルの網目に挟みます。

コングに犬が夢中になっている時に
足を拭いたり、爪切りをするようにしましょう。

注意点としてはコングが抜けないように気を付ける事。
コングに短時間しか集中しない場合は
お手入れも足一本などにして頑張りすぎないようにします。

この方法は一人でも出来る、犬に負担をかけず
犬にとって嬉しいことがある、ということで
双方にとても良い方法ですね。

濡らした大きなバスタオルを利用する


こちらは足拭きという最も日常的にしなくてはいけないことを
上記の方法でもどうしてもできないというような
ツワモノ犬へオススメの方法です^^;

大きなバスタオルを濡らしてその上を歩かせます。
そして、乾いたタオルの上を歩かせます。

すると足の裏が手で擦る程しっかりとではないですが
拭くことが出来ます。

あとは「口輪」を利用したお手入れ方法もありますが、
口輪についてはまた別途お話します。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

14 : 26 : 14 | 犬のお手入れ | コメント(4) | page top
コメント
----

実は我が家は家で爪きりをしています。将来娘がその方面で仕事をしたいため、できるだけ爪を切るチャンスを多く持ちたいためです。
比較的飼い主にはおとなしいので今は押さえつけて爪を切っていますが、なかなか上手く出来ません。コングが今はないので、ケージに入れておやつをはさんだおもちゃでやってみようと思います。
リードを短くつけて、たったままで・・・という一般的なトリミング施設みたいなものは家庭ではムリでしょうか?
by: ほりゆり * 2012/12/28 14:16 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>ほりゆりさん
こんにちは^^
ご自宅で爪切り、頑張ってますね~!
家庭でもトリミングサロンで行っている様に切る事は出来ますよ!
実は爪切りは爪を切るということよりも押さえる側にコツがあります。
例えば手で足を持って切るというだけだと
体は動けてしまう&3本足で不安定になるため
わんこはどうしても嫌がってしまいます。
そのため体全体を密着させて、腕で体を支えながら切るというような
押さえ方が必要になります(文章にするとわかりにくいですね><;)
足の曲げ方一つでも無理な方向に向けると
嫌がってしまいますので、関節の方向にも気をつけます。
トリマーさんがどんなに嫌がる子でもスムーズに爪切りをしているのは
この押さえ方を知っているからなのです。
また別の機会にこの押さえ方は記事にしてみますね。
もし、トリミングサロンで外からカットを見れるところがあれば
トリマーさんの押さえ方をじっくり観察してみてください。
かなり参考になるとおもいますよ!
by: meg * 2012/12/28 15:53 * URL [ 編集 ] | page top
----

ありがとうございます。なるほどトリマーさんたちは抑え方にコツがあったんですね!
そうそう、確かに体をわんこに密着させていました。今度ガラス越しに見てみようかな~と思います!

ビーグルは毛が短いのでトリミングはあまり必要ではなく、どちらかというとシャンプー、爪切りがメインになるので、できれば長女にマスターしてほしいと思っているので。

ありがとうございました!
by: ほりゆり * 2012/12/29 19:58 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>ほりゆりさん
そうそう、抑えて落ち着いた時に少しずつ切っていく、
というのが爪切りの正攻法というところでしょうか。
ただ、足先を触るのに慣れていた方がやりやすさは格段に上がりますので
普段から足先を触るというのもやると良いですね。

あと、基本的にわんこは高い所にあげた方が
足場が不安定=動けない、となるため大人しくなります。
小型犬だったらああいうテーブルを使った方が
お手入れはやりやすい場合が多いです。

ぜひトリマーさんの見学、してみてくださいね^^
by: meg * 2013/01/05 15:54 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |