犬の状態を見分けよう~防御体勢編~
2013 / 01 / 09 ( Wed )
新年が明けて少し日が空いてしまいましたが
今年もわんこの先生どうぞよろしくお願いいたします♪

さてこの間の記事では犬の攻撃体勢の状態についてお話しました。

今回は反対の「防御体勢」に入った時の犬の状態についてお話します。

防御体勢の犬


jyoutai3.jpg
  • 全体的に低い姿勢に
  • 耳は後に倒れる
  • 毛が逆立つ
  • 尻尾が股の間に入る
  • 鼻の上にしわが出来る
  • 口角が広がり顔がこわばる

犬が対象に対して防御の姿勢になると、
体勢がかなり低くなります。

耳も下がり、尻尾も下がり
毛が逆立ちます。

鼻の上にしわが出来て口角が広がり、瞳孔も開いて
緊張した表情になります。

体を大きく見せる攻撃体勢とは正反対の体勢ですね。

よく病院等で強い恐怖心に駆られて
この状態になる犬が見られます。

この状態の時の犬も攻撃体勢の犬と同じで
恐怖心から犬や人に対して吠えたり噛みついたりしやすいです。

すぐに対象から遠ざけたりして落ち着けるようにしてあげてください。




Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

15 : 55 : 48 | 犬との生活 | コメント(2) | page top
コメント
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2013/01/09 20:17 * [ 編集 ] | page top
--Re: ミニピン--

>>かずさん
お久しぶりです^^
ミニピンちゃんとの生活落ち着かれたようで安心しました。
こういったご報告、とても嬉しいです♪
ご近所に頼れるトレーナーさんがいるのもとても良い環境ですね。
ブログがかずさんとミニピンちゃんのお役に立てれば幸いです。
またどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m
by: meg * 2013/01/10 09:42 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |