愛犬と難易度の高いオイデにチャレンジしてみよう!
2013 / 02 / 07 ( Thu )
ちょっと前の話題となりますが、
某テレビ番組でダメ犬改善のようなコーナーをやっていました。

その中のトレーニングの一つとして
「究極のオイデ※」が紹介されていました。
(※指示としての名称はないですが
便宜上この記事でも究極のオイデとして表記します)

番組の中では結果としてさらりと流してしまっていましたが、
これ、どうやって教えるのか気になった方いませんか?

そこで今回はこの究極のオイデについてお話してみます。

究極のオイデとは


究極のオイデとは
  1. 犬をツイテの位置などに待たせてボールを投げる
  2. ヨシorOKなどで解除してボールを取りに行かせる
  3. 犬が取りに行っている最中に「オイデ!」と呼び戻す
  4. ボールを追うのをやめてオイデの指示に従って飼い主の元に帰ってくる
  5. 戻ってきたらもう一度解除してボールを取りに行かせる
というのが一連の流れです。

kyukyoku.jpg一つの動作の指示というよりは誘惑トレーニングの一環で
ある意味「どの程度までオイデという指示を聞けるのか」という
確認とも言えます。

ボールを追いかけるという最もテンションが上がり
興奮している時にもオイデが出来るという指標になりますので、
不意に逃げ出してしまったり
ボールを追いかけて道路に出てしまいそうになったなど
事故を防ぐことが出来ます。

究極のオイデの教え方


究極のオイデは上記の様に教えるというよりは、
個々の動きをしっかり強化していく事によって
最終的に強い誘惑があってもオイデに反応出来る、という
結果の確認の様な物です。

つまり色んな誘惑トレーニングを続けていたら
意識せずともいつの間にか出来ます。

例えばオイデに関しては
  • 他の犬や人のところに行っていても、
    飼い主さんが呼んだらすぐにきてくれる
  • 側におもちゃが落ちているような場所で待たせても呼べば来てくれる
など
誘惑があっても来れるというようなトレーニングをしっかり行います。

また、ボールを投げても追いかけないという点で
マテ」もしっかり強化されている事が必要です。

究極のオイデを教える時の注意点


この究極のオイデ、あくまで「どれだけオイデが出来るかの確認」ですので
何度も何度もそれだけ繰り返し教える必要はありません。

この動作だけを教え続けると「モッテコイ」に支障が出る恐れがあります。

ボールを持ってこようとするたびに毎回オイデで動きを
止められてしまっていたら、すぐにボールを取りに行かなくなったり、
飼い主さんの方ばかり気にするようになってしまいますよね。

また、動くボールに対してのモチベーションが下がってしまいます。

特にモッテコイがまだ完ぺきではなく、教えている段階で
この究極のオイデを始めてしまうと犬は混乱してしまいます。

あくまで
「ボールを取りに行かせる時、ごくたまにオイデと呼ぶ」
だけにとどめましょう。

また、戻ってきたらご褒美としてボールを取りに行く事を
許可してあげましょう。

ボール遊びは犬にとっては楽しい遊びの一つなので、
あくまで「ボール遊びは楽しい物」としてあげたいですね。

ちなみにこれ、ボールに興味がない子に関しては
あまり強い誘惑になり得ませんので注意(笑)



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

15 : 01 : 52 | 基本動作 | コメント(2) | page top
コメント
----

あぁ。うちの子はボールは大好きなので、きっときちんと訓練すれば出来る様になるのかな~と思いましたが、同じビーグルでもボールにほとんど興味を示さない子もいるのを先日初めてしりました。やはりその子の気質ってあるんですね。
うちはボールであればある程度もってこいはしますが、果たして投げても待てができるかどうかが微妙。一度試してみます。
by: ほりゆり * 2013/02/08 09:16 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>ほりゆりさん
ボールに対しての興味は本当にその子にとって差があります。
また、追いかけるのが好きな子だったり
咥えるのが好きな子だったり様々です。
(またここも記事にしてみますね~)

マテをかけて投げても待てるか、
ボールを追いかけた時に呼んでも帰ってこれるか、
この二点を試してみてください^^
出来なかったら、待たせてボールを側で落とす、
投げずに置いたボールを取りに行かせるなど
レベルを下げてトレーニングをしていきます。
出来ると結構高度なので自慢できるかもしれませんね♪
by: meg * 2013/02/08 09:42 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |