犬を車に乗せるときの注意点
2010 / 08 / 04 ( Wed )
ワンちゃんと一緒に楽しいドライブしてますか?
ワンちゃんと一緒に行ける場所が増えて、
その分一緒のドライブも増えていると思います。

しかし、わんこを乗せた走行中の車を見ると
助手席のわんこが落ち着かず運転手さんの方にうろうろ…
「あぶない!><」と思うことがしばしばあります。

一度安全のためにもわんことのドライブでの注意点を確認してみてください。

  • キャリーに入れる
  • 車酔いに注意
  • 車に良い印象を!

キャリーに入れる


car1.jpgワンちゃんとの楽しいドライブ。
運転中にも隣にわんこがいて、頭を撫でたりしたいのか助手席にそのままわんこを乗せる方がたくさんいます。

しかしこれは、安全面から問題があります。隣にいるわんこがもし急に動いて、運転に支障をきたしたらどうしましょう。
わんこも飼い主さんも危険にさらされてしまいます。

ワンちゃんが可愛くて触りたいのはわかります。側にいてじっと見ていたいのもわかります。

しかし、運転中はお互いの安全を守るためキャリーに入れましょう。
ワンちゃんも飼い主さんも落ち着いて楽しいドライブが出来ますよ。

どうしてもキャリーに入れたくないという方は
わんこ用のドライブボックスや、
シートベルトをハーネスにつけるなど
ワンちゃんが動かないように&安全を守る工夫をしましょう。

車酔いに注意


わんこは平衡感覚があまり優れていないため、猫より酔いやすい動物です。
なので車の中から流れていく景色を見ているだけで酔ってしまうこともあります。

これを防ぐにはある程度の慣れと、キャリーに入れることです。
キャリーの中にいれば周りの景色が見えませんし、落ち着きますので、
普通に車内にいるよりは酔いにくいです。

どんなに乗っても慣れない子は獣医さんに酔い止めを処方してもらうと良いでしょう。

車に良い印象を!


毎回「車に乗る=動物病院」だと、ワンちゃんは車に乗ることが嫌いになってしまいます。
車に乗るのを嫌がってしまうわんこというのは意外と多いものです。

車に乗って楽しい場所にお出かけしましょう。
ドッグランやキャンプ、海など・・・車に乗れば飼い主さんと楽しいことが起きると思えば
車に進んで乗るほど車好きになるはずですよ^^

安全をしっかり守ってわんこと楽しいドライブをしましょう♪

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 06 : 22 | 犬との生活 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |