賢い犬は家庭犬として飼いやすい???
2013 / 05 / 23 ( Thu )
前回の記事で「賢い犬ランキング」についてお話しました。

じゃあランキング上位の賢い犬を飼おう!ってなると思いますが、
ちょっと待ってください。

「賢い犬」が必ずしも「飼いやすい犬」だとは限らないのです。

その理由についてお話します。
  • 物覚えの良さ=悪い事も覚えやすい
  • 仕事をする事が好きな犬が多い=時間をかけて接することが必要
  • 犬と何かをする事が好きな人にこそ向く犬種

物覚えの良さ=悪い事も覚えやすい


賢い犬は確かに「物覚えが良く、コマンドにも従う従順性の高い犬」ですので、
とても飼いやすい犬に見えますが
あくまで「トレーニングをしっかり行うこと」が前提です。

トレーニングをしっかり行えば素晴らしい能力を発揮してくれますが、
トレーニングを怠ればとんでもない問題犬にもなり得ます。

その理由は「物覚えの良さは悪い事も覚えやすい」事に繋がるからです。

例えば一度吠えておやつをもらえたとしたらすぐに吠えるようになったり
ゴミ箱にいたずらをしたらおいしい物が落ちてきた等があったら
すぐにゴミ箱にいたずらすることを覚えるなど…。

よく、ラブラドール・レトリーバーが賢いから飼ったら
とんでもないダメ犬だった!というような話を聞きますが、
最初から勝手に賢さを発揮するわけはないです。

また、逆に賢さが人を「見る」ようになります。

トレーニングを入れなかったらラブはとんでもなくハイパーな犬種で
体も大きいので他の犬種よりも問題行動が目立つようにもなります。

素質のある犬を天才犬にするのも
問題犬にするのも飼い主さんによるということですね。

仕事をする事が好きな犬が多い=時間をかけて接することが必要


賢い犬ランキング上位の犬たちは人に仕事を与えてもらうのが大好きな犬が多いです。

与えられた仕事(指示)を楽しくこなし、人とのコミュニケーションを何よりも
生きがいにする彼らですので、たくさん時間をかけて接することが必要です。

また、すごくアクティブな犬種が多いでので運動も大好きです。

仕事も与えず、トレーニングもせず、運動もさせなければ
彼らの魅力は引き出せないですし、
ストレスから問題行動も出てくる可能性があります。

これはどの犬種にも言えますが、特にお仕事が大好きな犬には
時間をかけて接する事が必要と言えます。

犬と何かをする事が好きな人にこそ向く犬種


まとめると、ランキング上位の犬たちは特に
「犬と何かをする事が好きな人」向きな犬種となります。

トレーニングやドッグスポーツなどを教えて一緒に楽しむのには
本当にこれ以上ない素晴らしいパートナーです。

反対にトレーニングに興味がなく、
家で可愛がって一緒に過ごせればそれでいい、
と言うような場合はトイ・グループ等の犬が飼いやすい犬となります。

トイ・グループの犬たちは
人の指示を聞いてお仕事をする犬ではなく、
人に可愛がられることが仕事となったので
そういう面ではとても飼いやすいと言えます。
(中には結構気の強いのもいますので最低限のしつけは絶対ですが)

そのためトイ・グループの人気は安定しており、飼育数も多いです。
トイ・グループで賢い犬ランキングに入っている
トイ・プードルパピヨンは人気も高い犬種ですね。
ただ、やはり甘やかすとその賢さが裏目に出ます(笑

ちなみに私が飼っているM・シュナウザーはランキングでは12位に入る犬種で、
教えたコマンドはこなしますが、おっとりしている事が多く
マイペースでアクティブさとはかけ離れています(笑

このように実際は犬種特性+その犬の「個性」によって変わってくるので
すべての犬が一概に飼いやすい、飼いにくいとは言えないのですが、
「賢い犬が最初から賢いわけではなく、トレーニングしてこそ輝く」
ということだけは覚えておきましょう♪

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

13 : 45 : 47 | 雑学 | コメント(6) | page top
コメント
----

トレーニングをしてこそ、輝く!
なんかぐっときました!
トレーニング、愛犬というより、飼い主のトレーニングですよね。笑

このバカ犬!とかよく聞くけど
あなたが問題なのでは?て思ってしまいますもん。

うちの愛犬は散歩中、大きなワンコが向かってくると、ギャンギャンしてしまいます。 あそぼーってきてくれるのに、申し訳なくて。どう教えてやったらいいかよく分からず。涙
でもあきらめずやれることはやってみます。
by: アロハ * 2013/05/24 12:45 * URL [ 編集 ] | page top
--トレーニング費用をどう考えるか、価値観の違いが実に難しい問題です。--

わんこのせんせい
こんにちは。
いつも興味深い記事をありがとうございます。
前・今回の記事のような情報をもとに、我が家に合った犬種を選んだつもりでした。
コメントというより、ワンの専門家からのご意見がきければ幸いと思い書きました。

我が家のトイプー(10ヶ月)、男子、Mu君は、12月より6ヶ月間、3回/週の通所トレーニングに通っていました。
この度、めでたく卒業!!ではなく、経済的おうちの事情で、通所トレーニング6ヶ月のところで、一時休学ということになりました。
人間の子供が成人期までに自立、社会化を目標に、幼稚園、小、中、高、大学と教育を要するように、成犬になるまでに、その時々の教育が必要かなと考えて、トレーニングを継続していました。
アウトドアも街の活動にもアクティブな家族と一緒に行動できるワンちゃんになったら良いと考えていたので、周りの人に迷惑をかけずに行動できるように、飼い主の指示をきけるワンちゃんに育つといいなと考えています。
家では排泄も自立、オスワリ、フセ、マテ、オイデ、ハウスなどもでき、シャワーもお手入れもまぁまぁやらせてくれます。ご飯も元気に良く食べ、夜は良く寝ます。家の中で一緒に過ごす分には、それほど困る事はありません。ただ、ストーカーで、家に誰かがいても、別の空間(部屋)で過ごすこと、1ワン留守番は苦手です。
性格的なものなのか他に原因があるのかわかりませんが、神経質傾向のビビリ君で、新しい環境に慣れるには時間がかかりますし、音にも敏感、家の中でも外でもヘビーなストーカーですし、家族以外の人には唸ったり吠えたりします(しかし、初対面でも初めから心を許す人もいるので、それは、何が違うのか、なぜなのか不思議です)。
Mu君が色々な経験を積み成長するだろうと、時間をかけて成長を待つ気持ちは持っているのですが、通所トレーニング休止にあたり、トレーナーさんにお散歩を見ていただいたところ、散歩中のトレーナーさんの指示にはほぼ完璧に従いますが、私の指示には従わず自由に行動していていることがよくわかりました。
Mu君が「外でもできる」事は知っているのですが、家族との散歩は甘えからなのか、ついて歩くことがなかなかできなくて、風に舞う葉や花弁を楽しそうに追いかけ、楽しそうに匂いを嗅いでいました。結局、私が彼の好き勝手を許し、指示に従うことを教えていなかっただけなんでしょうけれど。楽しい散歩だったと思います。
トレーニングに出して安心していたのかなと反省もしたのですが、「ちゃんとしつけ・トレーニングしないと、この子がしっかり育たない・・・」なんて、人間の子育てにありがちな育児ストレス、Mu君にはただの押しつけ・ストレスになっていって、ただでさえ分離不安気味の繊細なワンなのに悪循環だろ-と、メイン教育係となる私は責任を感じています。最近、外の環境にも慣れ、不安が減って落ち着いて行動している様子を成長とみていました。
家以外の環境に1ワンで出ていって、学校の先生のようなトレーナーさんがいる、今の生活のメリハリがいいんだと評価していたところで、余計に感じています。

家族は、息子には必要であれば借金をしてでも教育をと考える。経済的余裕があるなら犬のトレーニングも専門家にお願いした方がいいのだろうけれど、人間の生活に支障が生じる可能性がある場合、ワンの教育にはお金を出せない。他の家の犬は、トレーニングに通っていない。それでも人間と生活しているだろう。自分でできる範囲でしつけをすればいいという考えです。私は犬のトレーニングの専門家ではない上、仕事もあり時間も十分に取ってあげることはできません。丸投げするつもりはなく私も勉強しながらですが、必要な時期に必要な物・事を提供しよう、Mu君の成長に置いていかれないよう専門家の力を借りて育てる・・・という考えだったんです。私も専門的な事を仕事にしているので、専門家の役割があると考えています。

私の考え通りの方策はとれない事が決まり、しばらくは留守番犬になるので、しつけ・トレーニングは、「これだけは今の時期に外せない」といったポイントを絞って効果的にすすめた方がよいのかなと。
楽しかったお散歩を歩行訓練にしないと、しつけ・トレーニングの時間はないなと考えているところです。私が今までより厳しくなったのか、Mu君の表情が曇っています。めずらしくおそそうもしたりして。賢いし敏感なワンなので、私の緊張感や変化が、きっとストレスなんだと思います。こんなんでよいのかなぁ。
どう考えても、Mu君の問題ではなく、家族間の犬の教育にかける費用の価値・意味が異なることが問題ですから。でも、家族の考えを変えさせることに時間とエネルギーを使う余裕はないので、私が今後どのようにMu君の教育をすすめていくか、将来的には、早い時期にトレーニングを再開できるよう検討するという方針かと。

長くなって申し訳ございません。
ごちゃごちゃと自分の考え通りにならないことを書いただけのようですが、Mu君のようなタイプのワンちゃんに対する家庭でのしつけ・訓練について、アドバイス等ございましたら教えていただけますと幸いです。
また、ペットと共生の歴史のある先進国では、ワンちゃんの教育についてどのような考え方が一般的で、費用もどれくらいかけているのかなど、わかる範囲で教えていただけると幸いです。
by: TAKU&MAMA * 2013/05/24 12:55 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>アロハさん
コメントありがとうございます♪
実際にラブを飼って賢いって言われたのに全然いう事を聞かないと言って
保健所に連れてくるという人がいたと聞いて
何というかやりきれない気持ちになりました。

おっしゃる通り本当に「人の問題」が大きいです。

大きなわんこは小さな子からしたら怖く見えてしまいますよね。
接する機会がなかった場合は特にです。
あの子に対してはギャンギャンしてしまう、と思う子を飼い主さんが
わんこより早く見つけて視線をそちらに向けさせずオスワリをさせて
いい子だね~~等声をかけ続けて落ち着いている事を褒めさせるのが
良い対処法だと思います。
どうぞ頑張ってみてくださいね!
by: meg * 2013/05/24 13:14 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: トレーニング費用をどう考えるか、価値観の違いが実に難しい問題です。--

>>TAKU&MAMAさん
こんにちは、いつもコメントありがとうございます♪

TAKU&MAMAさんはいつもMu君のことを真剣に考えていて、
本当に素晴らしい飼い主さんだし、Mu君も幸せだと思います。
正直ここまで考えていらっしゃる飼い主さんはそうそういないです。
だからこそ、色々な悩みも持ってしまうのですね。
ただ、少し肩の力を抜いてみてもいいのかな、と思いました。

成長段階のMu君はまだまだ伸び盛りです。
出来ない事があっても当たり前なのです。
おそらく基本的な事は幼稚園で学べていると思います。
(半年も学べれば私は卒業でも大丈夫かな?と思いますが…)
あとは、飼い主さんと長い時間をかけて
幼稚園の先生にコツを聞きつつ、
ゆっくり呼吸を合わせていければよいと思います。

トレーナーがやると出来る、と言うのは技術面で
どうしても仕方ない事でもあります(^^;
幼稚園に預けたり訓練所に預けたりしてトレーニングをした子は
どうしてもその傾向が強くなってしまうので、
トレーニング後にきっちり飼い主さんにやったことのご報告をして
実際に指導もしていきます。
TAKU&MAMAさんのところの幼稚園はどうだったでしょうか?
うまくいかない事があればそれはトレーナーが
うまく伝えられなかった事なので指導不足だと思うので
休学中でもどんどん質問されて良いと思いますよ!
(ここでアドバイスを拒否する様な所だと個人的にはどうなのと思ってしまいます…)

やり方を教えてもらってうまくいかないという時は
やはり飼い主さんの接し方と言うのが大きくなります。
だからと言ってお散歩をがちがちにすることはなく、
普段のお散歩の中でトレーニングをしたり、息を抜いたりでよいのです。
私が言うのもなんですが家庭犬なんだからある程度「適当」で良いのです(笑
こうであるべきだ~!こうしなくちゃならない~!という型から抜けると、
意外に出来るようになったりします。
年齢とともに出来なかった事が出来たり、また問題が出てきたりと、
日々変わっていくのがわんこです。面白いですね^^
だからこそ、あとは飼い主さんとの
息の合ったトレーニングを継続していくのが一番なんです!

Mu君はいかにもトイ・プードル!と言う感じの甘えん坊な性格ですね。
苦手な自立も時間をかけて覚えて言ってもらえばいいです。
まだ10カ月、精神的な成長もまだまだあるでしょう。
他にもたくさんできる事があるんですからそれはすごいことです!
ちょっと怖がりさんなのも個性かな、と思います。
そこは経験と飼い主さんの方でカバーをしてあげれば
おそらく問題ないかなと思います。
長所は伸ばしてあげて、短所はカバーしてあげるのが一番ですね。

あとは、トレーナーによって考えも教え方も違いますので、
幼稚園スタイルにはこだわらず、
今後は飼い主さんにしつけの仕方をしっかり教えてくれるタイプの
しつけ教室に参加されてみるのも良いと思います。

先進国での費用はちょっとわからないのですが、
そもそも犬の税金があったり、社会全体が犬を守るために
犬の教育に力を入れていますね。
子犬を飼ったらみんな必ずしつけ教室に通います。生体の店頭販売もないです。
それが当たり前なのでそもそも日本とはスタートから違ったりするので
比べるのすら難しい所です^^;

あと、ブログをこっそりと拝見いたしました。
Mu君とってもかわいいお顔立ちですね!(*^^*)
by: meg * 2013/05/24 13:58 * URL [ 編集 ] | page top
--ありがとうございました。--

わんこのせんせい、こんばんは。
早速のアドバイスをありがとうございました。
肩の力を抜いて、やっぱり楽しいと思う部分も大切にしたいと思います。
ありがとうございました。
by: TAKU&MAMA * 2013/05/25 02:19 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: ありがとうございました。--

>>TAKU&MAMAさん
こんにちは^^
そうですね、考えはそれぞれですが楽しいのが一番ですよ!
人に迷惑をかけないで、飼い主さんが
ワンをコントロールできるレベルであれば
家庭犬としては十分です。
引き続き楽しくトレーニングしてみてくださいね!
by: meg * 2013/05/27 14:19 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |