小型犬は要注意!犬の骨折について
2013 / 05 / 28 ( Tue )
子犬や小型犬に特に多く見られる怪我が骨折です。

犬の骨折とは


kossetu.jpg人の骨折と同じように骨が折れる事により、
痛みや熱を伴い、骨の周りが腫れます。

骨折する部位や程度によって症状は変わってきますが、
足の骨を骨折した場合は片足をあげて歩いたり
歩行に障害が出ます。

脊髄を骨折すると神経障害が起きて、
麻痺や排泄などに障害が出ます。

犬の骨折の原因


犬の骨折の主な原因は
  • 交通事故
  • 高所からの落下事故
  • 踏みつけ事故
となります。

その他には
  • くる病
  • 骨腫瘍
等の病気が原因で骨折する事もあります。

犬の骨折が起きやすい犬種


等の小型犬は特に骨折が起きやすく、
また、肥満犬の方が骨折しやすくなります。

犬の骨折の治療と予防


骨折の治療は折れてしまった骨を正常な元の位置に戻し、
骨が再生するまでピンで固定します。

症状が軽い場合はギプスで固定して安静にします。

骨折はふとした事故で起こる事が多く、
予防には飼い主さんの管理が最も重要となります。

ソファーから飛び降りて骨折してしまったり
踏みつけてしまって骨折したりは特に日常で起きやすい事故です。

特に交通事故は骨折だけでなく命にかかわる事故なので
リードの老朽化などのチェックなども含めて
最も注意しましょう。

適切な食事を与える事も骨を強くして骨折しにくい体を作ります。
また、適度な運動で肥満も予防しましょう。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

14 : 32 : 09 | 犬の健康管理 | コメント(2) | page top
コメント
--うちの子も骨折していました(´・ω・`)--

先生こんにちは。
実は 我が家のポメも2か月半程前に骨折していました。
つまり生後9か月半頃、ランで自分でコケてそのまま凄い悲鳴を上げて立てなくて、抱っこして最寄りの病院でレントゲン取ったらポッキリ折れてました。
其処の病院は手術しないとかで又慌てて行きつけの病院でプレートを嵌めて貰い、5日入院後、ギプスして退院
一か月はギブスして、次の一か月はキブス取っての安静で今月中旬に今度はブレート外す手術して、今骨にプレート止めてたビス穴が開いている状態の安静・・・です。

手術代が痛いのは仕方ないのですが、
何か月も何か月も遊び盛りのポメを家で安静にさせるというのは地獄でした。
ポメってそもそも気が強いので、溜りに溜まったストレスで手を噛む引っ張る
しかも元から細い食が殆どなくなり(以前も運動しない日はあまり食べませんでした。)
なのに腰のあたりがぶよぶよしてくる

そして痛みに鈍感な我が家のポメは目を盗んでは走り回り←
「次折ったら直せないよ!」と何度も先生に叱られました(折ったのではなく 走ったあとビッコになる旅病院へ痛みが再発しただけでしたが・・・)

家では凄く注意してたのにまさかランで折るなんて・・・あと2週間で完治・・・・の予定です。
by: ちみママ * 2013/05/31 17:16 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: うちの子も骨折していました(´・ω・`)--

>>ちみママさん
ちみちゃん骨折しちゃったのですか!あと2週間で完治・・・
ちみちゃんにとっては長い時間ですね、お大事になさってください><

ランでの骨折、結構多いです。
知人のダックスも走ってたら躓いて、骨折してしまってました。
テンションが上がってしまう場所なので無茶な動きもしやすいみたいですね。
昨日はランで大型犬がフェンスに激突していました・・・
(頑丈な大きな体だったから無傷でしたが)
ポメちゃんは特に骨折しやすい犬種No.1と言われる程骨が繊細ですからね~・・・
なのに活発だから安静が大変ですね。
早く良くなってまた元気に遊べますように・・・!
by: meg * 2013/06/03 13:54 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |