暑さによる犬の水のがぶ飲みに要注意!
2013 / 06 / 11 ( Tue )
gabugabu.jpg少しずつ気温が上がってきて
わんこ達がハアハアと舌を出して
体温調節をする季節になってきましたね。

気温が上がると散歩後や運動後、運動中等様々な場面で
水をたくさん飲むようにもなってきます。

しかし、水を一気に飲む“がぶ飲み”は
特に大型犬をはじめとした
胃捻転が発症しやすい犬種は注意しなくてはいけません。

胃捻転についてはこちらの記事をご参照ください。

>>大型犬は特に注意したい病気、胃捻転について

怖い胃捻転を予防しよう


水のがぶ飲みは特に大型犬にとって
最も怖い病気「胃捻転」を発症させる危険があると言われますが、
夏場は特に水のがぶ飲みと
パウンティングによる呼吸の荒さが
胃捻転の要因として増えるため、季節がら特に注意が必要です。

胃捻転は文字通り胃が捻じれてしまう事により起きる病気ですが、
胃が捻じれる原因の一つに「胃拡張」があるため、
大量に水を飲んだり、一回の食事が大量だったりすると
胃が拡張して、胃が捻じれやすい状況を作りやすくなります。

また、食後や水を飲んだあとの運動も胃捻転の原因の一つと言われており、
ドッグランなどでたくさん水を飲んでまた走るという行動は
胃捻転が起こりやすい状況の一つと言えます。

理想としては走った後興奮して呼吸が荒い状況は空気も飲み込みやすいので
水をたくさん与えず、落着いてから少しずつ与えるのが良いでしょう。

普段注意をしていても、
犬が自主的に水をがぶ飲みしやすい暑い時期は
特に胃捻転が起こりやすい時期です。

暑くなってくるこの季節、熱中症と共に胃捻転について
注意していかなくてはいけませんね!

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

14 : 06 : 05 | 犬の健康管理 | コメント(2) | page top
コメント
----

へぇー。
水のがぶ飲みも、胃捻転になりやすい可能性があるんですね。勉強なります!

では、どうしたらよいのでしょうか。
ドッグランだと、やはり水分補給はかかせません。がぶ飲みするなと言っても犬は聞くわけでもないし、飲んだあと走るなと言っても聞くわけでもないし。。。
どう気を付けたらいいのか。。。

参考までに聞かせて頂けますか?
大型犬のお友だちもいるので、教えてあげたいでーす!笑
by: アロハ * 2013/06/14 10:21 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>アロハさん
こんにちは!
一気にたくさん胃に入れそのまま激しく運動する、というのが
やはり胃捻転になりやすい原因と言われているそうです。

やはり小まめな水分補給が出来れば一番ですね。
おそらくドッグランではお水がランに置いてあって
喉が乾いたらがぶがぶ飲めてしまう状況ではないでしょうか?
飼い主さんの所に来たら少量の水を与える、
吸水ボトルの様なもので与える、といった形が
一番理想ではあると思います・・・。
また、興奮して呼吸の荒い時に水を飲むと空気を吸い込みやすいので
落ち着かせるのも良いと思います。

が、なかなか現実問題ランのお水を
全部撤去するのは難しいと思います(^^;

がぶ飲みで運動をしたから絶対になるというものでもなく、
しなかったのになってしまった、ということもあるのが
胃捻転の怖い所。本当に事故の様なものと言われています。
出来る予防策は出来るだけしてあげて、
あとは胃捻転の症状をよく覚えておくのが
一番の対策になるかなあと思います。

大型犬は特に注意したい病気、胃捻転について
http://wankoukiuki.blog106.fc2.com/blog-entry-377.html
by: meg * 2013/06/15 10:40 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |