シニア犬や病犬へのワクチン接種について
2013 / 07 / 04 ( Thu )
ワクチンについて前回から引き続きお話してみます。

犬は毎年の狂犬病の予防接種が義務付けられていて
また、混合ワクチンの予防接種も任意で毎年受けますね。

このワクチン、シニア犬や病気の犬も
同じように受けた方が良いのでしょうか?

ワクチンの接種は少なからず犬の負担になりますので
これらのわんこ達はちょっと考えなくてはいけない問題になります。

獣医さんによっても考えは様々ですが、
個人的には下記のように考えています。

  • 混合ワクチンは接種しないor単体ワクチンを接種する
  • 狂犬病予防接種は免除制度を使う

混合ワクチンは接種しないor単体ワクチンを接種する


混合ワクチン接種は義務ではないので
飼い主さんの任意となります。

最終的に判断するのは飼い主さんとなりますが、
狂犬病のワクチンよりも、体への負担が大きいのが混合ワクチンとされます。

副作用が出やすいのも混合ワクチンですね。

そのため、シニア犬、病犬には接種をしない、
または副作用の少ない単体ワクチンを選択する等が良いでしょう。

もちろん接種しないということは病気の感染リスクは上がりますので
犬の多い所や人の多い所、感染源となる他の犬の排泄物がある草むらなどに
行くのは避けるようにします。

老犬の場合寝たきりになったり、足腰が悪い場合も多く、
外へ出ての散歩の頻度も減るので、
若犬よりも感染源へ近づく事も少ないです。

また、腎不全の犬は混合ワクチンを接種した事によって
体調にかなり変化が見られてしまうというお話をよく聞くので
ワクチン接種に関しては慎重に考えてください。

急にワクチンをやめるのは不安な気もしますが、
今まで接種してきているので多少免疫は出来ているという考えもあります。

獣医さんともよくご相談してみてください。

狂犬病予防接種は免除制度を使う


狂犬病の予防接種は義務ですが、
病犬や老犬などは免除することが出来ます。

動物病院で書類を書いてもらい役所に申請すれば
その年の狂犬病予防接種は免除出来ます。

>>狂犬病予防接種の義務と免除について

接種するのも不安、接種しないのも不安・・・となってしまいますが
「どちらのリスクがこの子にとっては高いか?」
ということをよく考えてみて判断して下さいね。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

16 : 18 : 29 | シニア犬との生活 | コメント(2) | page top
コメント
----

混合ワクチンは、本当に頭が混乱するほど様々な情報が飛び交ってますよね。
うちは、混合ワクチンはやめました。しっかり自分で調べて、聞いて、いろんなものをてんびんにかけ出した決断です。
でも最初は、毎年送られてくるワクチン接種のハガキに、何の疑問もなく当たり前のように接種してました!しかも9種も!!獣医の言われるがまま、でしたよ。トホホ
獣医によっても、三年に一度でいいと言う人もいれば、毎年と言う人も。そりゃ飼い主も混乱しますよねー。怖い副作用だからこそ、しっかり飼い主として一度、とことん悩むべき課題だと思います。
愛犬のために必死に悩み考えた決断であれば、毎年しようが、三年にしようが、辞めようが、もうそれが一番正しいのだと思いますね。獣医に言われるがままとは、はるかに違うと思いますね。

貴重なお話ありがとうございました!
by: アロハ * 2013/07/05 12:02 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>アロハさん
こんにちは。
なかなかワクチンの接種も難しいですよね。
最近はワクチンアレルギーをけっこう頻繁に聞くようになりましたし、
飼い主さんの方にもちょっとした知識が必要になってきてます。

獣医さんが勧めてきたらそれがベストだと思ってしまう方も多いですし、
9種はキャンプとか草むらに行かない子は必要ないと言われますからね。

>愛犬のために必死に悩み考えた決断であれば、
>毎年しようが、三年にしようが、辞めようが、もうそれが一番正しいのだと思いますね。
>獣医に言われるがままとは、はるかに違うと思いますね。

そうですね!
最終的には飼い主さんが納得して決めることになってしまうのですが、
リスクの高くなる病犬シニア犬の場合は真剣に考えてあげないと
いけない事だと思います。
by: meg * 2013/07/05 15:22 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |