犬の首輪“チョークチェーン”について
2013 / 07 / 09 ( Tue )
犬の首輪の中で“チョークチェーン”という物があるのはご存知でしょうか。

こちらの記事(首輪と胴輪、犬にはどっちがいいの?)でも
首輪の種類に関して少し触れていましたが
今回はこのチョークチェーンについてお話します。
  • チョークチェーンとは
  • チョークチェーンの役割
  • チョークチェーンの注意点

チョークチェーンとは


tyo-ku.jpgチョークチェーンはその名の通り鎖(チェーン)を使用して
首を絞める(チョーク)首輪の一種になります。
※鎖を使用していないタイプのチョークもありますが、
今回はチョークチェーンをメインにお話します。

普通の首輪と違う点を簡潔に言うと
“緩みを作ることができ、引くと首が締まる”ということです。

それだけ見るとすごく恐ろしい首輪のように見えますが、
使い方を間違えなければ、
首への合図を送るのにとても優れていて、
トレーニングを効率よく進められる道具となります。

チョークチェーンの役割


チョークチェーンは首輪を一瞬締める事によって
イケナイという合図をタイミングよく与えられ、
逆に緩んでいる時はその行動が合っている、正解だよ、
と犬に教えることができます。

普通の首輪よりも合図が送りやすいので、
上手に使えばトレーニングの進歩が早いです。

一般的に「引っ張り防止の首輪」と言われますが、
そうではなくあくまで「犬に合図を与える手助けをする首輪」です。

引っ張る犬にチョークチェーンを付けたからと言って
それだけで引っ張りが改善するわけではなく、
逆に首が締まり続けて犬は苦しくて前にさらに引っ張る事もあります。

引っ張る犬をチョークチェーンで改善させるには、
緩んだ状態と引っ張っている状態の時の違いを教える必要があります。

まずはリードと首輪を緩めておき、
引っ張った瞬間にショック(罰)をかけて、
緩んでいる時に褒める(快)、自ら緩めた時に褒める(快)というように
していかなくてはただの首絞め首輪になってしまいます。

使用者側にちょっとした技術が必要になってくるので
使用には少し注意が必要な首輪と言えますね。

チョークチェーンの注意点


チョークチェーンは一時的にでも「ショック」を与える首輪ですので
下記の犬には不向きです。

器官の弱い子は首に刺激を与えてはいけませんし、
刺激に対して過剰に反応する子はショックが大きすぎて
逆に悪い結果になることがあります。


さて、このチョークチェーンですが、さらに種類が分かれます。

次回はこの種類についてお話したいと思います。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

17 : 10 : 53 | しつけ全般 | コメント(14) | page top
コメント
----

おそらく次の記事で出るでしょう。うちはハーフチョークを使っています。
大きくなり、私と散歩に行っているときは、かんっ!と引くとかなり有効です。

拾い食いのときとかも有効。かなり効果があります。

ですが、やっぱり興奮しちゃうと・・・だめですね。あと引っ張り癖。

効果的な使い方、ぜひ学びたいです。

by: ほりゆり * 2013/07/10 19:27 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>ほりゆりさん
読まれてましたね!笑 次はチェーンの種類です^^

引っ張りの場合は「自分で緩める事を意識させる」と
驚く位引っ張らなくなります。
緩めている状態を保つように意識させておくと、
締めた時にメリハリがすごくつくので、
緩んだ状態から引っ張ろうとするときに、あ、やばい!と
わんこ自身が意識して戻ってくるようになると成功です。

ちょっとこの感覚自体は言葉にすると難しいのですが…
基本的には飼い主さんは力を常に入れないようにすると
リードとハーフチョークの緩みの感覚がわかってくるかもしれません。
わかりにくかったら申し訳ないです><
by: meg * 2013/07/11 14:19 * URL [ 編集 ] | page top
--散歩嫌い--

以前、ボールが苦手という相談をさせてもらったものです。
また違った問題が出てきたのでよかったらアドバイスをください・・・。
3歳半の柴系雑種の女の子ですが、散歩があまり好きではなくここ最近、特に梅雨にあった嵐雷あたりから本当に散歩に行こうとしません。
トイレを外でしかしないため、毎日決まった時間に行っていたのですが、最近はそれを拒否し、無理矢理外に出しても座って動かないか、すぐ家に戻ってしまいます。
毎日のこのやりとりで精神的にもほとほと疲れてしまいます。
じゃーもう行きたくなったら行けばいいと思い、そうしたらおしっこはまる1日、うんちなら2日間くらい我慢してしまうのです。
家でトイレ出来るようにすればいいのが一番だと分かってはいるのですが、早急の解決として体のことを思って無理矢理にでも引きずって連れていくか、自分が行きたくなるまでほおっておくか、どちらが犬にとっていいでしょうか・・・。
by: なち * 2013/07/11 19:07 * URL [ 編集 ] | page top
----

あ~~~!ちょっとわかるような気がします。
私も常にリードはタイトにしていなくて、まず呼び戻してから、いうことを聞かない時に引くのですが、初めはまず緩めたままで呼びます。
これでいいのかな~?

夫が何度言っても、常にリードがタイトの状態で、ず~~とぜーぜー言ってる状態。

みていてこっちが苦しくなります。
by: ほりゆり * 2013/07/11 20:23 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: 散歩嫌い--

>>なちさん
こんにちは、お久しぶりです。
元々わんちゃんは音等に対してすごく敏感な子でしたよね。

・お庭などお外に出ること自体は平気ですか?
・単純に歩くということが嫌いな感じでしょうか?
・散歩に出た時の様子は尻尾が下がる等ストレスを感じていますか?
・お外でおやつ等食べる事は出来ますか?
・家の中では変わった様子はありますか?
・嵐雷以外に変わった事はなかったでしょうか?
・時間を変えてみても同じ反応でしょうか?

とりあえず、散歩が嫌いという点を抜きにして
散歩とトイレは切りわけて考えてみましょう。
時間も一定の時間ではなく、ちょっと変えてみましょう。
それこそ時間で感づいて「あ~やだなー」と双方なっているかもしれません。

外に出て、排泄をさせる時にコマンドをかけてさせて
コマンドを意識させることは家の中でのトレーニングにも役立ちます。

そして、わんちゃんが「もう帰る」というような素振りをする前に
こちらで主導権を握って戻るようにしてみてください。

元々お散歩が嫌だったところに、ちょっと拒否の姿勢を見せたら
飼い主さんがついてきたので、
試してみているところもあるかもしれません。

繊細な子と言うのはある意味本当に賢い子です。
飼い主さんの少しの違いも見逃さないので、
飼い主さんがこのやり取りに疲れているのも感じていると思います。
楽しく前向きな声かけをする事でもちょっと変わるかもしれません。
「もー!なんでうごかないのー!!行きたくないなら行かないよ!!??」
ではなく
「はい!行くよー!!(少しでも動いたら)そうそういい子だねー!!」
というポジティブな声かけですね。
飼い主さんの対応だけでもちょっと変わる場合もあります。

ただ、怖がっている子の場合はおやつで誘導したり、
声をかけて少しずつ慣らしていく等の方法があり、
単純にわがままで動かないようならリードを引いて行くよ!とこちらの主導で
進んでいくなどしますが、
結構繊細なワンちゃんなので、
文面だけではどちらが有効か判断が難しい所です。
シャイ気質が強く難しい面のある子なので
これを機に実際に出張トレーナーに見てもらうのも良いと思います。

体調が悪くても動かなくなり、お散歩を拒否する事もあります。
足腰は大丈夫でしょうか?

何か少しでも参考になれば幸いです。
by: meg * 2013/07/12 10:25 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>ほりゆりさん
そうですね!基本的にはそういう考え方です。
締める事は基本的に最初のうちしか必要ないはずで、
緩める事を理解できれば罰をもらいたくないので
犬は上手に歩くようになるということですね。

>>夫が何度言っても、常にリードがタイトの状態で、ず~~とぜーぜー言ってる状態。
ここが難しい所ですね、やっぱり犬は人を見てしまうので
この人からは罰が与えられないとなると
引っ張ってでも前に行く事を優先しちゃうんでしょうね。
そうなるとチョークの意味が・・・てなってしまいます。
by: meg * 2013/07/12 10:42 * URL [ 編集 ] | page top
----

お返事ありがとうございます。
読ませてもらい、まだまだ手を打つ策がありそうだと勇気が出ました(笑)
元気なんです。車で出かけるドッグランなどは喜んで行くんです・・・。
近所への散歩は何かが怖いのか、わがままなのかわたしでも判断が出来ません。
早く人間の言葉がしゃべれるようになればいいのにと真剣に思ってしまいます(笑)
臆病で繊細すぎるということで、小さい時から甘やかせて育ててきてしまったのかもしれません。難しいですねー><
日が落ちて静かになる時間帯ならちょっとは大丈夫なようなので、もしかしたらいろんな物音出来事に過敏になっているのかもしれません。
しかし暗くなりすぎると散歩も大変なので・・・。
嫌な時はおやつなどにもまったく反応しません。びっくりするくらい頑固です!
ただ本当にこちらのことをよく見ているような犬なので、根気よく接していこうと思います。
寝言を言いながら寝ている姿なんか、ほんと可愛くてたまらないんですけどね・・・(笑)
また困ったら相談させてくださいっ。
by: なち * 2013/07/12 12:49 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>なちさん
なるほど、体調は大丈夫そうで安心しました!
ドッグラン等も大丈夫とのことで、
時間と散歩の場所が関係してきそうですね。
また、ボールなどの大きな刺激での反応と違いますか?
恐怖心からパニックを起こしそうな感じではないような気はします。
また、拒否したり帰ろうとするのは家の近くでしょうか。
「よし行くよー!そうそういい子ー!」
みたいな感じで言ってみるとどんな反応をしますか??
ちょっと対応を変えて反応を見てみてください。

季節によって時間帯の騒音も変わってきます。
そこに敏感に反応しているのかもしれませんね。
現在何時頃お散歩をしているでしょうか?
暑かったりでその時間帯の道路は
歩きたくないのかもしれませんね。
ちなみに我が家は最近あまりの暑さに23時の散歩だったりします笑

繊細な子はやっぱり賢い子だと思います。
本当によく人の動きを見てますよね。

ワンちゃんお話を聞いてるだけで
あ~可愛がられてるな~というのがわかります!
また少し様子を見つつお散歩頑張ってみてください♪
by: meg * 2013/07/12 14:29 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2015/09/27 01:55 * [ 編集 ] | page top
--Re: フルチョークについて--

>>orraiさん
こんにちは。

フルチョークについてはトレーナー、訓練士色々見解があります。
これは元々のトレーニング理論が異なるからです。
おやつの使用に関してもそうですね。

最近の陽性強化のトレーニングメインの所だとフルチョークを使うことは少ないですが
昔ながらの訓練所ではフルチョークを使うところは多いように思います。

単純にフルチョークは扱いが難しいのと、使い方によっては
犬に負担がかかるので、最近の家庭犬のトレーニング法では
使用が減っているのですが、昔から犬をコントロールする道具として
使われてきたものですので、やはり効果はあります。

私個人の意見として聞いていただければと思いますが、
フルチョークは使い方を間違えずに使えばとても効果が出ます。
特にハーフチョークなど締められる長さが決まっている物より
強いショックを与えられるので、犬に強く伝えることが出来ます。
実際ハーフではショックがなかなか伝わらなかった子が
フルチョークで改善した例を知っています。

もちろんそれをきっかけにして正しい行動を強化していくことをしないと、
ただフルチョークで首を絞めてショックを与え続けるだけになってしまうので、
フルチョークに頼らないように徐々にしていくことが重要です。

人側が強い刺激を与えられる道具を手に入れてしまうと、
どうしてもそれに頼り続けてしまうので、
フルチョークは指示を入れ始める最初の段階に補助的に利用して、
徐々にハーフや通常の首輪に切り替えていけるのが理想的だと思います。

フルチョークは記事にもある様に小型犬や気管の悪い子には
使用を控えた方が良いですし、長く使うと毛切れを起こします。

アフガンちゃんもボーダーちゃんもまだまだやんちゃな年齢ですし
またコントロールの難しい犬種なので、
補助としてフルチョークを使っていくのは問題ないと思います。
訓練士さんからも少し見てもらえて、教えていただけているということですので、
その使い方も問題ないと思います。
by: meg * 2015/09/29 16:06 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2015/10/16 03:04 * [ 編集 ] | page top
--Re: お返事ありがとうございます。再び、長文失礼いたします。--

>>orraiさん
こんにちは。

ん~・・・おっしゃるようにやはり環境面で
わんちゃんたちが混乱しているというのは大きいかと思います。
(orraiさんと長い時間犬と共に過ごす人の犬への対応がこうも違うと、
犬はおそらく混乱します)
家庭の環境が複雑とのことでこちらの面のアドバイスは難しいですが、
わんちゃんたちを満足させたり、「快」の経験を多く取り入れてあげてください。
チョークチェーンや何の道具を使うにしても、
最終的には「犬に自発的に正しいと思った行動をさせてそれを褒める」ことが
わんこにとって満足度が高く、また自分で物事を考える(集中)にもつながります。

何か他の物に対して集中が生きやすいのはボーダーもアフガンも犬種特性として
かなり強い物なので、ここは地道にどんな誘惑でも我慢できるように
環境のレベルを下げた場所で練習をしていくしかないと思います。
まだ2頭とも若いのでかなり根気がいるとは思いますが、
褒めることを主体として頑張ってください。

>>正しい行動の強化とは、こちらの望んだ(正しいと思った)様に行動してくれたら褒める、失敗したらもう一度、ということで大丈夫でしょうか?違う事なのですが、チョークで、注意をした後止めれば褒めると言うのは良いのでしょうか?いつもそうしているのですが…

正しい行動の強化は例えばこちらが指示したことに従ったら褒めること、
こちらが指示をしなくても自ら望んだ行動をしたときは褒めることによって強化され、
しなかったときはもう一度行って、できた時には褒める・・・ですね。

チョークでのショックは基本的に正しくない行動を起こした時にその行動を止めさせ、
こちらに集中を向け、その後もう一度同じ状況を行った時に正しい行動が出来たら
褒めてあげるようにした方が良いと思います。
こちらの方がチョークを使わないで犬自ら良い行動をするように誘導できますので。
「注意をした後止めれば褒める」は間違っていないとは思います。
ただ「正しくない行動をする→罰が出る→びっくりして止める→褒められた」
だと犬自身が「自ら起こした良い行動を褒めらる」経験がないので
ちょっと伝わりにくいようにも思います。
基本的に同じ状況でもう一度繰り返して、さっきは出来なかったことが出来た時は
褒めてあげるということはしてあげてください。
犬に何を伝えたいのか、今したことは伝わったのか、
一つ一つ犬の行動を観察して読みほどいていくと良いかもしれません。

ただ、私自身チョークをトレーニングに多く使わない
陽性行動強化のトレーニングをしてきたため、
チョークに関しては現在のトレーナーさんに聞いた方が良いかな・・とも思います;;
by: meg * 2015/10/16 14:19 * URL [ 編集 ] | page top
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2015/11/20 16:23 * [ 編集 ] | page top
--Re: お返事ありがとうございます。--

>>orraiさん
こんにちは。

そうですね、うまくいかない、できない、イライラしてしまう時は
とりあえず一度止めた方がいいですね。

フードを使ったトレーニングに関しては
先を読む賢いボーダーと独立心が強いアフガンという難しい犬種なので
「フードがないということを聞いてくれないかも」
「フードがないと集中をしてくれないかも」
という気持ちが強くなってきてしまってませんか?
そういった気持ちも敏感に読み取ります。

フードを使ったトレーニングはフードにも
負けない別の褒め方(声や撫で)に切り替えていことによって
フードに依存せずに上手にフェードアウトをしていくのですが、
ご褒美のあげ方、減らしていき方は実はすごく難しいです。

動作を覚えているのに、指示をしてもやらないということがあれば
「無理にでもさせる」「指示をしたら必ず動作をさせる」
ということはしていきましょう。
(座らない時はお尻を丸めて座らせるなど)

犬たちに「フードがないとやらない」「やりたくない時はやらない」
が通ってしまうと難しくなるのでメリハリをしっかりつけましょう。
おそらくそうしたほうがこちらの指示が通るタイプの子達です。

こういったことももうすでにされていることになるかと思いますが、
少しでも上手にトレーニングできるよう願っています。
by: meg * 2015/11/20 18:05 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |