犬の首輪“フルチョーク”と“ハーフチョーク”の違い
2013 / 07 / 12 ( Fri )
前回お話ししたチョークチェーンについて引き続きお話します。

チョークチェーンは大きく分けて二種に分けられます。

それがフルチョークハーフチョークです。

フルチョークについて


full.jpgフルチョークは一本のチェーンの端に
チェーンを通せるサイズの輪があり、
その輪に片側のチェーンを通して使うタイプの物を言います。

代表的な物が
すべてチェーンになっている物、
ナイロンの物
スパイクのついている物(スパイクカラー)
等になります。

このタイプはチェーンの長さだけ締まり、
チェーンの長さだけ緩めること
が出来ます。

そのためハーフチョークよりも強めのショックがかけられるため
より効果的に指示を伝えられるので
大型の使役犬などによく使われます。

ただし、チョークチェーンは引っ張り続けると
構造上首を締め続けてしまうため
チョークの性質をよく理解しないといたずらに首を絞めつけて
犬を苦しめるだけの首輪になってしまいます。

使い方には技術が必要で、上級者向けの首輪と言えます。

また、毛切れを起こしやすいので
首周りの毛が短くなりやすいです。
(材質によっては多少軽減されます)

ハーフチョークについて


half.jpgハーフチョークは半分が通常の首輪のような形で、
左右の端に二つのリングがあり、
そこにチェーンが通る形の物です。

代表的なハーフチョークタイプの物は
首輪と鎖が半分のもの
ナイロンの物(プレミアカラー)
などになります。

この形はフルチョークとは違い、リードを引くと
一定の長さだけチェーン+首輪部分が締まり、
一定の長さだけチェーン+首輪部分を緩めること
が出来ます。

際限なく締まり続けないので、犬にとっては負担が少ない形になります。

小型犬もこちらのタイプがお勧めになりますね。

ハーフチョークを装着する際に気を付けたいのが首輪部分の長さで
締めた状態で耳元まで持っていっても抜けない位の長さにします。

緩すぎたり、短すぎたりするとちゃんとした効果が得られません。

ハーフチョークの刺激では効果がないような
あまりにもやんちゃで屈強な子(笑)は、
フルを最初に使いハーフにしていくという場合もあります。

家庭犬に使用する場合


家庭犬に使用する際や初心者向けに
お勧めなのはハーフチョークです。

フルチョークはプロの指導がないと、締まりっぱなしで
チアノーゼ一歩手前みたいな子を何度か見かけたことがあるからです。

ハーフチョークの場合は多少間違った使い方になっても
犬の負担は少なくなります。

ただ、効果的に使ってこそのチョークですので、
どちらも使用の際には出来るだけプロに使い方を
指導してもらうことをオススメします。
(おそらく、うちの子にはどっちを使用すればいいか迷っている場合も
適切にアドバイスをもらえるはずです)

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

15 : 33 : 39 | しつけ全般 | コメント(2) | page top
コメント
----

そうですね。うちもチョコが若いときに、コースにかよってトレーナーさんのお世話になりました。ハーフチョークはうちの犬には有効な気がします。ただし私限定ですが。

あとは私がいかにチョコの興奮状態をコントロールできるかですね~汗

フルチョークはあまり使っている人を見かけないとおもったら、やっぱりプロの人が多いんですね~。
by: ほりゆり * 2013/07/12 18:56 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>ほりゆりさん
ハーフチョークはしつけの手助けにはやっぱり重要な役割をしてくれますね♪
フルの方はやはり使い勝手が難しいので、
一般家庭では最近あまり使われなくなっていると思います。
ハーフチョークはおしゃれなデザインも多くなってますしね~。
昔はハーフチョークがあまりなかったので
(少なくとも私が小学生の時にはあまり見かけませんでした;)
必然的にフルが多く使われていたような気がします。
あとはフルは引っ張りが多い子に使うと本当に毛切れがすごくて
首周りが可哀想な感じになってしまいます;▽;
そういうこともあり、最近はハーフのが使われているのかと思います。
by: meg * 2013/07/16 17:27 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |