犬のヘルニアについて
2013 / 08 / 06 ( Tue )
人間にもある“ヘルニア”という病気ですが、犬にもある病気です。

ヘルニアとは一体どういう病気なのでしょうか?

今回はヘルニアについてお話します。

犬のヘルニアとは


ヘルニアというと「椎間板ヘルニア」を思い浮かべる方が多いと思いますが、
実際はヘルニアは種類があり、
椎間板ヘルニア以外にもたくさんのヘルニアがあります。

そもそも“ヘルニア”とは“体内にある裂け目や隙間から
内臓や組織の一部またはすべてが脱出してしまう状態”
を言います。

内臓や組織が圧迫されている状態なので、機能障害を起こしたりします。

ヘルニアは主に「脱腸」が有名ですが、裂け出る場所によって
出る内臓は異なります。

ヘルニアには先天性と後天性の物があります。

犬のヘルニアの種類


  • 椎間板ヘルニア
  • 鼠径ヘルニア
  • 臍ヘルニア
  • 会陰ヘルニア
  • 食道裂孔ヘルニア
犬のヘルニアと呼ばれる病気には部位によってこの様な物があります。

ヘルニアは内臓が各部位の隙間から飛び出している状態ですが
椎間板ヘルニアは原因が“髄核”とよばれる物質が
椎間板を圧迫することにより起こるため、
ちょっと他のヘルニアとは意味合いが異なります。

次回はこの椎間板ヘルニアについて詳しくお話します。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

14 : 42 : 31 | 犬の健康管理 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |