愛犬が花火の音に怖がるようになってしまった時の対処法
2013 / 08 / 27 ( Tue )
hanabikowai.jpgもうすぐ8月も終わりますが、
皆様の地域では花火大会は行われたでしょうか?

私の地域では夏の終わりに花火が多く行われます。
(花火記事のネタが遅いのはこの為です・・・(;・ω・)

昨日近くで行われていたのですが、2歳になった愛犬が
花火の音をかなり怖がるようになっていました。

1年前は花火の音を全然気にしなかったのですが、
やはり成長と共に苦手な物も出てくるようです^^;

怖がり方がパニックになる程ではなかったのが幸いです。

室内で犬が急に花火の音を気にしてしまうようになったら
下記の様な対処法をしてみましょう。

  • 近くに呼び戻し、おやつを与える
  • 安心できる場所に入れてあげる
  • 窓を閉める
  • 花火の鳴っている時間に散歩に行かない

花火についてはこちらの記事でも少し触れています。
>>犬のストレスや脱走に繋がることも!?夏のこんな音に注意しよう

近くに呼び戻し、おやつを与える


まず花火が鳴っている時におやつを食べられるかというのは
緊張度を測る指標になります。

どんなにおやつが大好きな子でも極度の緊張や恐怖を感じると
おやつが食べれなくなります。

おやつが食べれる場合は人の側に呼んで、
音が鳴った後におやつを与えるという形を繰り返し、
少しずつ花火の音に慣らしていきます。

おやつを食べれる場合は人の側に冷静にいることができるので
「花火が鳴っても人の側は安心」
と教えてあげることが出来ます。

パニックになって飼い主さんから逃亡するのもある程度防げるはずです。

安心できる場所に入れてあげる


おやつが食べれず震えているような場合は無理をせず
ハウス等の安心できる場所に連れて行ってあげるのが良いでしょう。

この場合、犬に自分でどこかに行かせるのではなく
人がハウスなどに誘導した方が良いです。

安全なハウスも指示もなく、
自分で逃げ場を探さなくてはいけない状況しかないとなると
パニックが助長されます。

家中逃げ回って、やっとみつけた押し入れの中で震えて
ずっと出てこないなんて状況になってしまいますね。

人もそうではないでしょうか?
すぐに安心できる場所に誘導できれば心に余裕も出ますね。

ですので、出来ればハウスに誘導してあげましょう。

窓を閉める


窓が開いているのと、閉まっているのでは
音の大きさがかなり違います。

窓が閉まっている状況の花火の音でなら
刺激はかなり下がりますので、
花火の音に少しずつな慣らす、
という事をするのにはいい機会です。

窓を閉めて刺激レベルを下げてあげましょう。

花火の鳴っている時間に散歩に行かない


花火が鳴っている時の散歩は花火の音が苦手になっている子には
かなりレベルが高いです。

苦手になり始めというのは飼い主さんもまあ大丈夫だろうというように
軽く構えて出てしまいがちですが、どんなパニックになるかわかりません。

室内での反応を見て、花火が苦手になってる、と感じたら
散歩はその時間に行くのは控えるようにしましょう。


もちろんどんな状況でもお散歩や指示が聞ける事は理想ですが、
花火は音の中でもかなり特殊なものとなりますし、
一時的にしか鳴らない音でもあります。

警察犬、盲導犬などの作業犬は音が鳴っていても作業が出来なくてはいけませんが
家庭犬にそこまでのレベルを求めなくても個人的には良いと思います。

「ストレスなく安心して暮らせるように工夫してあげる」
方が人にとっても犬にとっても良いですね。

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。




Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:しつけ・トレーニング - ジャンル:ペット

15 : 02 : 41 | しつけ全般 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |