イギリスの犬に関することわざ~子供が生まれたら犬を飼いなさい~
2013 / 09 / 27 ( Fri )
犬に関することわざと言えば何を思い浮かべますか?

日本だと「犬も歩けば棒に当たる」
「飼い犬に手をかまれる」などでしょうか。

先日ネットで知ったイギリスの犬のことわざに
何とも言えず感動し、そして同時にちょっぴり切なくなりました。

知っている方も多いと思いますが、
今日の記事はそのことわざを紹介します。

子供が生まれたら犬を飼いなさい。


--------------------------------------------------------
子供が生まれたら犬を飼いなさい。

子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。

子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。

子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。

そして子供が青年になった時、

自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。


--------------------------------------------------------
犬との社会が確立されているイギリスだからこそのことわざとも言えますね。

くわえてちょっとほっこりとした写真もご紹介。
いつもそばにいてくれてありがとう。
生まれてきたその日からずっと一緒にいる、息子と犬の2年半の記録写真 [カラパイア]

この写真を見て、犬の愛情の深さに感動しました。
kotowaza.jpg
これはもう、本当に家族ですね。

子供が生まれた瞬間から犬を飼うというのは
今の日本では実際には少し難しい事でもあります。

良いことばかりでは無く
苦労することの方が多いかもしれません。

もちろんどちらのお世話もこなすのは大変だからです。
飼い主さんはしっかりとしつけもしなくてはなりません。

ただ愛情を持って育てられた犬は子供の良き遊び相手になります。

そのため安易な飼育は勧められませんが、それを両立できれば
必ず子供にとって心に残る大切なことを教えてくれる存在になります。

「子供が生まれたから犬を捨てる」
なんて考えとは本当に真逆な考えです。

しかし一緒に育った仲の良い犬と子供は必ず最後には別れなくてはいけません。

「子供につらい別れを経験させるのは可哀想だから飼わない」
と考えるか
「たくさんの思い出をくれる尊い命との経験を大切にしよう」
と教えるか

考え方は人それぞれで、
どちらも子供の事を思っているからこそ。

ただ、私は子供の時に飼った犬がいたからこそ、
一緒に馬鹿みたいにはしゃいだことがあったからこそ、
死んでしまった時に悲しかったからこそ、
今の自分があると思っています。

一緒に過ごしてくれた動物たちに最大限のありがとう!

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。


Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

16 : 03 : 17 | 雑学 | コメント(6) | page top
コメント
----

激しく同意します。私も幼少から犬を飼っていました。親が愛情を私たち子供と同じくらい注いでいた家族。確かに別れはつからったですが、それ以上にいろんな事を学びました。
だから今犬がいることが子供たちにとっていい経験になっていると思います。
このことわざはしっていましたが、イギリスという出所がわかってすごくうれしいです!
by: ほりゆり * 2013/09/27 18:02 * URL [ 編集 ] | page top
----

こんにちは。
いつもblog楽しみにしています。

「いつもそばにいてくれてありがとう」を見ました。
ホント、素敵ですね。心が温かくなります。

我が家でも中2の息子とトイプードル(1歳2カ月)のMu君のコミュニケーションが、この写真のようで笑っちゃいました。
ポケモンやディズニーの主人公達も、相棒と一緒にいることで、勇気が持て、元気が出て、新しい事にチャレンジしていける。
ワンちゃんがそばに居たら、怖がりで寂しがりの一人っ子の息子も楽しく留守番できるかなと考えていたけれど、なかなか実行できなくて、実現できたのは去年の9月。
ちょっと遅くなりましたけど、1人と1ワンはとても仲良しになりました。

息子は中2のお兄さんになってしまったけれど、Mu君は「たくさんの思い出をくれる尊い命との経験を大切にしよう」と教えてくれると思います。

素敵なお話しをありがとうございました。
by: TAKUandMAMA * 2013/09/30 01:46 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>ほりゆりさん
こんにちは!

本当にそうですよね、また子供の時の方がただただ純粋にわんこと友達であり
家族であったなあと思います。

別れはつらいし、今でも胸が苦しいですが、あー楽しかったなあって
そう思わせてくれた動物たちに本当に感謝ですね。

私もこのことわざ、なんとな~く知っていたのですが
今回写真の記事と一緒に調べていたら出所を見つけられて
色々考えさせられる機会となったので二重の意味でよかったです。
by: meg * 2013/09/30 13:38 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>TAKUandMAMAさん
こんにちは、いつもブログご覧いただきありがとうございます!

とってもほっこりする記事ですよね。
ワンちゃんの顔が本当に優しくて、心が温まると同時に
あと何年一緒に入れるかなぁと思ってしまってちょっぴり切なくなったり。
でもきっとこの子の中にはいつまでも家族として記憶に残るんだろうなあと思うと
本当に良い経験をさせてもらってるな、と思います。
親御さんもとても優しいんだろうなあと写真には映っていないけど
そこまで見えてしまいました(*^▽^*)

本当に犬と人っていうのは種族を越えた素敵な繋がりが持てるんだと感動します。
Mu君と息子さんもきっと素晴らしいコンビになっているんでしょうね!
私も子供の時にいたわんこが大きなわんこだったので
頼りになるなあと思いつつ、ビビりだったので私が守らなくちゃと思ったり(笑)

私自身限りある時間を大切に、改めてとても考えさせられました。
by: meg * 2013/09/30 13:45 * URL [ 編集 ] | page top
----

こんにちは
初めての犬と暮らしてまだ、二年ですが、人に寄り添う犬の暖かさを再認識しました。素敵な記事を紹介してくださり、ありがとうございました。

お悩み相談でいろいろアドバイスをいただき、ありがとうございました。
子供の声や宅急便のトラックを見てフリーズしてしまっても、お口直しに近所の公園へ行って他のワンコと触れ合う、ダメだったでその日を終わらせない。毎日続ける。少しずつレベルをあげる、パニックの時にはついて、おすわりをさせ、落ち着かせるなど、すこし怖がりが緩和しつつあり嬉しくってコメントしました。昨日は公園で知り合ったラブラドールさんについて、公園内も散歩出来ました。
また、いろいろ教えてください。
by: メルママ * 2013/10/01 12:58 * URL [ 編集 ] | page top
--Re: タイトルなし--

>>メルママさん
こんにちは、とっても心があたたかくなる記事ですよね。
別れが悲しい分、こういう暖かい時間を大切にしたいです。

ワンちゃん少し良い方向に進んでいけたのですね!ご報告嬉しいです。
外は怖くないと教えてあげる事、自信を付けさせてあげる事、
怖がる時にはしっかりとカバーしてあげる事。
良くない時に終わらせない事。
上手にトレーニング出来ていると思います(^^)
シェルティはちょっぴり神経質なところがありますがとても賢い犬種です。
飼い主さんの心配な気持ちも本当にわんこには伝わってしまいます。
メルママさんの落ち着いた優しい気持ちが
少しずつワンちゃんにも伝わって来ているのだと思います。
ラブちゃんとお話ししつつ仲良くお散歩頑張ってみてください♪
by: meg * 2013/10/01 14:07 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |