犬を初めて飼うのが不安な人への3つのアドバイス
2013 / 10 / 01 ( Tue )
よく「初めて犬を飼うんだけど、
何の犬種がオススメ?どんな犬がいい?飼うのが不安・・・」
と聞かれる事があります。

初めて犬を飼うときにオススメな犬。

もちろんいろんな観点から見て犬種だけでは判断できなかったり
その個体によって飼いやすさは変わってきます。

ここでは一般的に初めて犬を飼うのが不安な人には
こういう所を見て飼う犬を決めてもらいたい、
という観点からアドバイスとして3つ書かせていただきます。

  • 犬種の特性を理解する
  • 流行犬種に注意
  • 成犬譲渡を利用する

犬種の特性を理解する


一般的にはトイグループの犬が
初めて犬を飼う人には向いているとされます。

もちろんどんな犬も初心者でも飼うこと自体は出来ます。

ただ、トイグループは犬種の歴史から見て
「愛玩するため」に作出された犬種が多いため
初めて犬を飼う人には飼いやすい場合が多いのです。

犬は人の目的ごとに色々な犬種に改良されていきました

狩猟犬などとは違い、狩猟本能や作業意欲などが低いので
その点でも扱いやすいです。

もちろんわがまま放題に育ててしまうと
問題行動は出てきますので、
しつけはしっかりと行わなくてはいけません。

日本人は飼いやすい犬と言ったら柴犬を連想しやすいのですが、
柴犬は狩猟犬で日本犬気質の強い子が多いので
飼いやすい犬種ではありません。

まずは図鑑などをしっかり見て犬種の特性について知りましょう。

流行犬種に注意


犬を選ぶときにもっとも目につくのがペットショップで
さらに目につくのが流行の犬種になると思います。

初めて犬を飼うとなると分母が大きい分どうしても選択肢が
そちらに向きますね。

が、流行の犬種というのは残念なことに
「乱繁殖」が起きやすいので
他の犬種と比べて犬質的に安定しない傾向が強いです。

その犬種であればどんな性格の親の子でも売れるという
パピーミルの様な繁殖をされている子犬は
やはり扱いにくい事が多いです。

流行犬種はブリーダー選びも難しいので
悪いとは言いませんが、他の犬種よりもさらに
慎重に犬を選ぶ必要があります。

成犬譲渡を利用する


犬種にこだわりがなければ、
動物愛護施設やボランティアに保護されている
成犬の譲渡もオススメです。
>>犬を飼い始める時の3つのルートについて

一頭一頭性格が把握されており、
中にはとても飼いやすい成犬がいます。
(※もちろん性格の難しい子もいます)

性格の説明をしっかり受けトライアルをしてから
引き渡しという段階を踏むので、
最も慎重に犬選びが出来る方法でもあります。

成犬は子犬と違って手がかからず、
また里親に出されるまでにある程度の
再トレーニングを受けているので
初めて飼う犬探しには良いでしょう。


あとは飼うと決めた子犬の中で兄弟がいれば
キャンベルテストを行って見ると
おおよそのその子の性格はわかります。





Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

16 : 00 : 15 | 犬を飼い始める前の準備 | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |