身近な日本犬柴犬について
2010 / 08 / 11 ( Wed )
柴犬といえば「日本犬といえば柴犬」というぐらいポピュラーな日本犬ですよね。
柴犬はもっとも日本で飼われている日本犬と言われます。
日本家屋に柴犬なんてまさに日本って感じがしてしまいますね^^*
今回はこの柴犬についてお話します。

柴犬ってどんな犬?


siba4.jpg天然記念物にも指定されている日本原産の小型狩猟犬です。

獲物を運ぶレトリーバーなどの間接狩猟犬ではなく、ハンターとともに獲物と戦う直接狩猟犬として活躍しました。

体重はオスが9~11㎏位で、メスが7~9kg位です。

毛色は赤、黒、胡麻、淡赤(白)の4つがあります。

耳は立ち耳、尾は巻き尾、または差し尾です。

柴犬の「柴」の意味は刈り取った柴の色に似ている、柴の中をくぐりぬけて狩猟をしていた、
小さい物を意味する「柴」を当てたなど、さまざまな諸説があります。

柴犬の性格


家族に対して忠実。大胆で勇敢で独立心が強い。
頑固な面もあり、その頑固さが問題になることもあります。

柴犬のなりやすい病気


日本古来の犬種で日本の気候に慣れており、丈夫な犬種です。
しかし近年はアトピー性皮膚炎、アレルギーなど皮膚のトラブルが多く見られます。
高齢化が進むにつれ認知症も多く見られるようになりました。

柴犬のしつけ


siba3.jpg柴犬は独立心が強く警戒心が強いため番犬としてもお仕事をしていました。

また、昔の日本では外に繋いで飼うという飼い方が一般的でしたので独りでいることに慣れやすいです。

そのため、多くの小型犬が苦手な「お留守番」が得意です。

しかし、室外での飼育はコミュニケーションが少ないため信頼関係も築きにくい難点があります。
独立心の高い柴犬にとってコミュニケーション不足は問題であり、
飼い主さんのいうことを聞かなかったり、コントロールできないことがあります。
室外飼育の場合は出来る限りたくさんコミュニケーションを取り、一緒にトレーニングをしてください。

柴犬は頑固で気の強い独特の「柴気質」と呼ばれる気質があり、
この柴気質はもともと狩猟犬として飼われていた頃にはなくてはならないものでした。

気の強さがなければ獲物と戦うことが出来ないためです。
しかしこの気の強さは
  • 犬同士でのケンカ
  • 小動物を追う
などの原因となるため
家庭犬として飼われることになった現代ではあまり好まれない気質と言えます。
ただ、柴本来の気質なのでそう言った気質を好まれる方もいます。
(※中には柴気質の出ない穏やかな柴もたくさんいます。)

また、柴犬だけにかかわらず、
日本犬は洋犬と比べて物事に対する許容範囲が狭いと言われています。
これは「苦手だ」と思ってしまう沸点が他の犬種より低いということです。
一度嫌なことを経験してしまうと、力づくでも回避しようとしたり、
物事に対しての柔軟性が低い傾向があります。

なので、他の犬種よりもさらに子犬期の
社会化トレーニング」「ボディコントロール」に力を入れる必要があります。
環境、人、犬に小さいころから慣らし、どこを触られても嫌がらないように
慎重にしっかりとトレーニングしていきましょう。

柴犬はとても賢いのですが、各コマンドもじっくりと覚えていくタイプですので、
コーギーやボーダーコリーのような物覚えの早さは期待しないようにしましょう。
また、他の犬と遊ぶことよりも飼い主さんを好む子が多いです。
あまり「犬と仲良く遊ぶ」ということは強要しないようにしましょう。

狩猟犬すべてに言えることですが、この気の強さから
実は柴犬はけして初心者向きのわんこではありません。

特に柴犬はあまりにポピュラーで、また子犬の時の可愛さから
どんな犬種なのかも知らず飼い始めてしまうことが多いため、
成長してからトラブルが出てくるということがとても多いのです。

どの犬種にも言えることですが、
まずはその犬種のことをしっかりと知ってから飼い始めましょう。

この記事を読んで中には「うちの柴はおとなしくて飼いやすいのに」と、
思った方もいると思います。
私もたくさんの大人しい柴に出会ったことがありますので、わかります。

もちろん飼いやすさというのは子犬の時に育った環境や血統にも大きく左右されますし、
性格は個体差がありますのでこの犬種だから「飼いやすい、飼いにくい」というのは
一概には言えないのですが、もともとの気質を考えると「気の強さ」が出やすい犬種であることは確かなのです。

そしてこの「気の強さ」の出てしまった柴犬は
飼い主さんだけでは手に負えない場合があります。
そう言った場合は、すぐにしつけ教室やドッグトレーナーに相談されることをお勧めします。

しかしリーダーシップをしっかりと発揮して飼うことが出来れば
家族に対して忠実で、頼りがいのあるすばらしいパートナーになってくれる犬種です。

ちょこちょこと落ち着きのない小型犬の多い中ではとにかく落ちついているのが柴犬です。
冷静にどっしり構える姿はさすが柴!といった感じです。
これが遊ぶ時になると、急にテンションが上がったりと、そのギャップも面白いですよ(笑

この記事を読んだ人は次のエントリも読んでいます。



Sponsored Links
安全性と栄養バランスに優れた無添加国産のプレミアムドッグフード 犬のことだけを考えて作った犬のごはん

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

10 : 51 : 45 | 犬種 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |